ブログ

Googleプライバシーサンドボックスと利用開始方法について

Google Chromeは、2024年にサードパーティクッキーを完全に廃止する予定で、世界市場シェアの63%を占めている(英語)ことから、広告業界におけるアドレッサビリティの捉え方に大きな変化をもたらすでしょう。  

消費者のプライバシーを保護しながら効果的な広告を維持するために、Googleはサードパーティクッキーの代替ソリューションであるプライバシーサンドボックスを提唱しました。 

プライバシーサンドボックスとは何か、また、プライバシーを重視する未来に向けて、メディア企業、バイヤー、またテック・プラットフォームがアドレッサビリティ戦略のために、どのような準備をすべきか見ていきましょう。

プライバシーサンドボックスAPIとは?

プライバシーサンドボックスは、デジタル広告エコシステムにおける消費者のプライバシーとデータ保護の変化に対処するために、Googleが提唱したイニシアチブです。Googleは、サードパーティクッキーの代替として、プライバシーを保護する一連のAPIを開発しました。これらはすべて、消費者のプライバシーと、関連性の高いターゲティング広告を配信したいマーケターやパブリッシャーのニーズのバランスを取ることを目的としています。  

ウェブ向けプライバシーサンドボックスAPIは、9種類存在します。スパムや詐欺を防ぎ、関連性のある広告配信を可能にし、広告の測定とアトリビューションを可能にし、サイト間のプライバシー保護を強化することを目的としています。広告のターゲティングと測定に関連するAPIは、3種類あります。  

  1. Protected Audience API  – Protected Audience API/PAAPI(旧称:FLEDGE)は、マーケターが直近のオーディエンスや見込み客と再エンゲージすることを可能にするリマーケティング・ソリューションです。消費者のプライバシーを維持するため、Protected Audienceは匿名化され一般化されたオーディエンスグループ(インタレストグループ)を使用し、広告オークションをウェブページから安全なブラウザ環境に移行します。  
  1. Topic API – Topic API (旧称:Federated Learning of Cohorts(FLoC))は、消費者データを特定することなく、ウェブページを約500種類の興味・関心トピックに分類し、マーケターがプライバシーを保護しながら関連性の高い広告を配信できるようにします(タクソノミーは、こちらをご覧ください。また、chrome://topics-internalsから、お使いのChrome ブラウザに関連付けられているトピックをご確認できます)。ブラウザは、関連性の高い広告を提供するために、一部の興味に基づくカテゴリを推測し、それを広告購買モデルと意思決定の最適化に利用できます。  
  1. Attribution Reporting API  – Attribution Reporting APIは、広告キャンペーンの効果を測定し、データに基づいた広告の意思決定を可能にします。計測のために暗号化、データ送信の遅延、データの集約とランダム化を使用して、個人のデータをマーケターや第三者に開示しません。  

プライバシーサンドボックステスト

サードパーティクッキーからプライバシーサンドボックスへの移行は多大な労力を必要とします。プライバシーサンドボックスへのAPIコールで、最新情報へ更新する必要のあるマーケターやパブリッシャーのウェブサイトは、何十万とは言わないまでも、何万も存在します。 

パブリッシャー、バイヤー、またテックプラットフォームは現在、ビジネスと技術スタックの準備を進めており、Googleはすでに多くのアドテクプロバイダーとテストを開始しています。2024年第1四半期に、GoogleはChromeのトラフィックの1%で、サードパーティクッキーを無効にし、技術的な状況を評価します。 

当社では、顧客とパートナー企業のクッキーレスに向けた準備をサポートするため、Protected AudienceとTopics APIのテストを開始しました。当社と、これらのソリューションテストの実施を希望される方は、当社までご連絡ください。 

Prebidを利用するパブリッシャーも、今すぐテストを開始することを推奨します。テストの条件は、以下の通りです。  

  • Prebid.jsの最新バージョン(8.18以上)へアップデート  
  • fledgeForGPTモジュールの有効化  
  • Prebid.jsの設定で、すべての広告枠がfledgeForGPTモジュールを使用できる 

DSPは、当社が入札リクエストにProtected Audienceのインプレッション、利用可能なTopics(閲覧履歴に基づいた関心のあるトピック)、およびChromeが操作するテストのラベルを送信するため、テストの実施を推奨します。テストに必要な接続要件の概要はこちら(英語)をご確認ください。  

  • Topicsは、user.data.extとuser.data[].segmentオブジェクトで利用できるようになります。  
  • テスト・ラベルは、device.extオブジェクトのcdepフィールドで利用できるようになります。  
  • Protected Audienceの入札リクエストは、imp.extオブジェクトにae = 1フィールドを含みます。  
  • 入札レスポンスには、response.ext オブジェクトのigbidフィールドに、Protected Audienceの perBuyerSignals を含める必要があります。  

プライバシーサンドボックスのその他のリソース

プライバシーサンドボックスは、これまでのプログラマティック購買行動に劇的な変化をもたらし、そのソリューションは複雑です。当社は、業界を発展させるために協力し合えるよう、学習し、知識を広く共有することが重要だと信じています。  

そのため、これらのAPIを理解し採用するために役立つ、いくつかのリソースを業界に提供し、引き続き知識を共有いたします。  

  • Index Explains:Protected Audience APIとは? 

PAAPIがもたらすプライバシー対策と、その仕組みについて詳しくご説明します。  

  • Index Explains:Protected Audience APIとは?- PAAPIが導入している個人情報保護対策と、その具体的な仕組みについてはこちらをご覧ください。
  • Protected Audience概要図 – この図は、PAAPIオークション中の複雑で技術的な流れを、各ステップの裏で起きていることを一つひとつ、開発者に詳しく説明しています。当社は、このリソースをIAB Tech Labに提供し、さらに協力的な取り組みを実現するために、業界で利用できるようにしました。  
  • Protected Audienceデモ – 開発者は、IAB Tech Lab Open Source Initiativeに提供した当社のデモを活用して、Chrome開発者ツールのコンソールタブでPAAPIが現在どのように機能するか、実践的な例を確認できます。  

Index Exchangeのプライバシーサンドボックスで実現されること

プライバシーサンドボックスは、業界にとって大きな変革であり、新しいソリューションであると同様に、実際にどのように機能するのか、疑問や懸念が残ります。その答えは、テストを通じてのみ知ることができます。Index Exchangeでは、できるだけ多くのパブリッシャー、DSP、マーケターがテストできるように、サポートすることに注力いたします。  

テストによってAPIに対する理解が深まり、理想的なスケジュール、必要なアクション、最適なデザインなどについて、業界全体でより多くの対話が生まれるでしょう。Google Chromeだけでなく、IAB Tech Lab、Prebid、UK Competition and Markets Authority (CMA)など、採用を普及しようとする業界団体と協力し、フィードバックを提供し続けることで、機能していることを共有し、懸念があれば提起します。 

当社の進捗や習得した知識を随時共有いたしますので、最新情報を受け取れるように、ぜひニュースレターにご登録ください。 

ご質問がある場合は、お気軽にお問い合わせください。クッキーの廃止は、大きな変化であり、業界全体が適応する必要があります。当社のチームがサポート、リソースを共有し、トレーニングをご提供します。  

Mike McNeeley

Mike McNeeley

製品担当上級バイスプレジデント

Mikeは、プログラマティック分野における著名な技術リーダーとして、オンライン広告業界で約15年に及ぶ経験を有します。製品担当上級バイスプレジデントとして、Index Exchangeの製品部門のリーダーを務め、当社の製品ロードマップ、方向性、ユーザーインターフェース(UI)、レポートおよびテクノロジー業界団体への関与を監督するとともに、すべての画面と広告フォーマットにおけるアドレッサブルな購買の可能性を広げています。 Index Exchange入社前は、AppNexus、Yahoo!、Search Marketing、Right Mediaなど幾つものテクノロジー企業を経て、AppNexusに在職中には、PrebidとPrebid.orgを開発・導入したチームを担当するとともに、同社のSSP製品の戦略、価格設定、市場投入、およびロードマップ作成に従事しました。

ブログに戻る