ブログ

Index Exchangeでの働き方:ダイバーサリビティ・アフィニティグループ

1年を通して、当社のダイバーサビリティ・アフィニティグループは、従業員のメンタルヘルス、ウェルネス、ニューロダイバーシティ、障害の有無にかかわらず全ての人々をサポートし認知を広めています。当社は、すべての人が利用可能なイノベーションによい影響をもたらし、Index Exchangeでインクルーシブなカルチャーを作りたいと考えています。 

ダイバーサビリティ・アフィニティグループの一員であることに誇りを持っています。ニューロダイバーシティと共に生きて、大切な人々がメンタルヘルスやウェルビーイングに関して問題を抱えているのを目の当たりにし、アクセシビリティやインクルージョンを推進し、これらが職場でどれぐらい重要であるかを広めたいという意欲が高まりました。 

グループ代表者である、法務顧問のジェイソン・チチェッティ(Jason Cicchetti)、ポリシースペシャリストのレイチェル・ランダウ(Rachel Landau)と共に、当社の従業員にダイバーサビリティが発展させたり、生み出したりする機会について話し合いました。 

ダイバーサビリティの焦点

ジェイソン・チチェッティ(Jason Cicchetti):私たちは、チームのメンタルヘルスとウェルネスを重視しています。障害を持つ人のために、働きやすい職場を作ることに加え、メンタルヘルスやウェルネス、障害、ニューロダイバーシティと共に生きる各従業員たちにまで、よりアクセシブルで多様なカルチャーを推進するために包括的なアプローチを実践しています。 

レイチェル・ランダウ(Rachel Landau):当社のアフィニティグループは、障害の有無にかかわらず全従業員をサポートできるように取り組んでいます。私たちは、当社のコアバリュー「Learn it.Then teach it.(学んで、教える)」に基づいて活動しています。従業員にウェルネス、ニューロダイバーシティ、メンタルヘルスについての認知を広めることで、私たちにも得られるものがあると気づきました。 

このグループが設立されて以来、Index Exchangeでダイバーサビリティにおいてリードできたイニシアティブはありますか?

ジェイソン・チチェッティ(以下JC):このグループは発足して2年未満ですが、多くのイニシアティブが取れたことを誇りに思っています。仕事においてバランスやウェブビーイングを促すことや、職場の視覚障害、ニューロダイバーシティを持つ人々に配慮したプログラミングなど、重要なトピックについて、社内のチームに専門家が加わりスピーチを行うイベントを複数開催しました。また、多くの従業員がメンタルヘルス・ファーストエイダーとして認証を受けました。 

最後に同僚と共に、従業員のために様々な福利厚生が利用できることを知らせたり、オフィス内のマークに適用するため「Accessible Icon Project(国際標準の身障者マークをよりアクティブでポジティブなものに変えるために始まった運動)」を活用したりするなどアセシビリティの監査を行いました。 

レイチェル・ランダウ(以下RL):その他には、メンタルヘルス啓発月間(英語)にIndex Exchangeの従業員に日々の仕事のペースを落とし、精神的健康を優先するように推奨しました。私たちが良かったと思った活動の中には、感謝の気持ちを伝えるメモを渡すことや、感謝の気持ちを書き留める日記を続けること、スマホを持たないで自然の中を散歩することなどです。 

「ニューロダイバーシティに関する対談を共催することで、Index ExchangeのDE&Iイニシアティブに貢献できて、とても嬉しく思います。この対談で聞いたレッスンとニューロダイバースを持つ同僚からのアドバイスを活かし、現社員と将来の社員が入社しやすく、サポートが整った、公平な環境を提供するために、小さくても重要な改善点をいくつか見つけ出しました。」

ブルック・トレビーノ(Brooke Trevino)Index Exchange 品質&導入
バイスプレジデント

このグループの一員となり、主に学んだことは何ですか?

RL:具体的な行動を通して、従業員のメンタルヘルスや健康を大切にするIndex Exchangeで働くことができ、とても嬉しく思います。素晴らしいアフィニティグループの存在の有無に関わらず、有給の病欠ポリシーを利用しやすくしたり、有給ボランティア休暇を導入したり、Index Exchangeはすべての人々が輝くために、サポートが整った環境を作っています。

「ダイバーシティ中心チームは、私に大きな変化をもたらしました。このグループの安定したサポートとインクルーシブに対する取り組みが、職場で私を力づけてくれました。今年は、メンタルヘルス啓発月間を共催することで、Index ExchangeのDE&Iの取り組みに貢献する機会を得られました。私たちのチームの活動に対して、同僚からポジティブな感想を聞き、非常に達成感が得られました。揺るぎないDE&Iへの取り組みを実践する会社で働いていることをとても誇りに思います。」

アヌ・シドゥ(Anu Sidhu)Index Exchange
財務報告マネージャー

どうすれば、このグループのアライ(味方)になれますか?

RL:障害を持つ人々が、日々経験する身体的、社会的または環境的な問題をよく理解するには、実際の体験談に耳を傾けるようにしてください。障害は、必ずしも目に見えるものとは限りません。それぞれの問題を深く理解し、話を聞くことで、利用しやすい環境を構築でき、障壁を取り除くことができます。障害の有無にかかわらず全ての人に活躍してもらいたいと思います。 

障害の有無にかかわらず全ての従業員のサポートし、健康を支援する職場に興味のある方は、キャリア情報をご覧ください。 

Sarah Botherway

Sarah Botherway

Commercial Strategy Director

サラ・ボザウェイ(Sarah Botherway )は、 Index Exchangeの事業戦略ディレクターとして、世界中の事業戦略を開発、サポートおよび統一を担当します。ニューロダイバーシティ(多様な脳)に関する認知の推奨と固定観念や誤解を失くすことに力を注いでいます。仕事以外では、旅行で様々な文化に触れることが好きです。

ブログに戻る