Person on phone with coffee cup to represent mobile apps

Open Measurement Impression Countingがモバイル広告の透明性と精度を実現

今月より、IAB Tech LabのOpen Measurement SDK(OM SDK)を通して、モバイルアプリのインビュー広告から成る、より正確で信頼性の高いインプレッションカウントを導入しています。これにより、マーケターはビューアビリティ測定を強化し、モバイルキャンペーンのコストを、希望するオーディエンスに実際に見てもらえる広告に費やすことができるようになります。 この新しいインプレッションカウント方法は、ウェブ用に構築され、しばしば不一致の報告がされた、従来の1×1ピクセルのインプレッションカウントに代わるものです。Open Measurement Impression Countingは、モバイルアプリのバナー広告がデバイス上に表示された時のみインプレッションをカウントし、レポートとパフォーマンスを向上させるものです。 Open Measurementを利用することで、メディアバイヤーは、Index Exchangeを通じたモバイルアプリのインプレッションのうち、実際に消費者の目に触れたものだけに費用がかかっていることを確信できます。 Open Measurementはなぜ導入され、どのように機能するのか? IAB Tech Labは、モバイル広告で深刻化している断片化(フラグメンテーション)の問題を解決するために、Open Measurementを開発しました。ウェブとは異なり、モバイルアプリのビューアビリティ計測は、クリエイティブに配置されたJavaScriptタグだけでは不十分です。これらのタグはiOSやAndroidのアプリコードにアクセスする必要があり、アクセスを提供するSDKは、メディア企業とSSPの間で高い普及率を達成する必要があります。 業界では標準化が進んでいないため、ビューアビリティベンダー各社はそれぞれ独自のJavaScriptタグに対応したSDKを必要としていました。好みのビューアビリティベンダーがいるメディアバイヤーと、複数のビューアビリティSDKの統合やメンテナンスを望まないメディアオーナーの双方にとって、すぐにフラグメンテーションが問題となりました。 …

続きを読む