Mobile phone showing a rocket and an arrow representing programmatic ad trends

最も変化の速い年:2023年に注目すべきプログラマティック広告トレンド

年末を迎え、広告業界がさらされている逆風を実感しています。個人消費の落ち込み、物価上昇、そして、景気後退が近づいています。  この状況を乗り越えるには、マーケターは迅速に対応する必要があります。 eMarketerの調査(英語)によると、景気見通しに基づき、アメリカのマーケティングリーダーの50%が、今後6か月以内にマーケティング費の投資先を変更する予定を立てています。デジタル広告業界として、このような目まぐるしい環境変化に即応できる機敏性を求められる経験がありません。  困難は、チャンスと共に到来します。MAGNAは、2023年広告費予測(英語)を下方修正しましたが、デジタル広告費に関しては10.5%増えると予測しています。これは、コネクテッドTV(CTV)によるところが大きく、新規参入と広告付きストリーミング市場の活況により、2023年には33%の成長が見込まれています。  Index Exchangeでは、貴社の計画作りをサポートするため、2023年の重要なプログラマティック広告トレンドおよび予測をお届けします。  不透明な経済環境下で効率性を優先 来年、プログラマティック広告の動向で最も重要なのは、マーケターが、リソースを最大化させるために独自の方法を見つけ出す事です。厳しい予算の下、マーケターは、 効率性を重視し、測定可能なパフォーマンスを基にしたメディアへの投資を優先します。   来年は、より少ない予算でより多くのことを行うことが重要です。 メディア・バイヤーは、パフォーマンスを重視し、チャネルをまたいだ戦略を磨き、予算を最大限に活用しながら消費者とコミュニケーションする最善のチャネルにフォーカスする戦略を強化します。  マーケターは、動画やコネクテッドTV(CTV)、特にプログラマティック広告に更に投資し続けますが、投資の増額に対してより厳しい目を向けるようになります。 エバン・クラウス(Evan Krauss)事業開発SVP  Index Exchange  コネクテッドTV(CTV)の自動化の価値を見出す コネクテッドTV(CTV)視聴者層(英語)は、全てのデモグラフィックにおいて急増しました。  アメリカの家庭の84%近く(英語)がCTVを利用しています。CTVは、未だ初期段階にあり、広告費が視聴率より遅れている事は忘れてはならない重要なポイントです。  最適化なCTVバイイングや消費者にとっての視聴体験を提供するための技術発展の必要性がある一方、2023年には広告ポッド(英語)、シグナル伝達、スタンダードの確立といった既存の課題解決が実現し、広告費用のシフトが加速していきます。  …

続きを読む
Person on phone with coffee cup to represent mobile apps

Open Measurement Impression Countingがモバイル広告の透明性と精度を実現

今月より、IAB Tech LabのOpen Measurement SDK(OM SDK)を通して、モバイルアプリのインビュー広告から成る、より正確で信頼性の高いインプレッションカウントを導入しています。これにより、マーケターはビューアビリティ測定を強化し、モバイルキャンペーンのコストを、希望するオーディエンスに実際に見てもらえる広告に費やすことができるようになります。 この新しいインプレッションカウント方法は、ウェブ用に構築され、しばしば不一致の報告がされた、従来の1×1ピクセルのインプレッションカウントに代わるものです。Open Measurement Impression Countingは、モバイルアプリのバナー広告がデバイス上に表示された時のみインプレッションをカウントし、レポートとパフォーマンスを向上させるものです。 Open Measurementを利用することで、メディアバイヤーは、Index Exchangeを通じたモバイルアプリのインプレッションのうち、実際に消費者の目に触れたものだけに費用がかかっていることを確信できます。 Open Measurementはなぜ導入され、どのように機能するのか? IAB Tech Labは、モバイル広告で深刻化している断片化(フラグメンテーション)の問題を解決するために、Open Measurementを開発しました。ウェブとは異なり、モバイルアプリのビューアビリティ計測は、クリエイティブに配置されたJavaScriptタグだけでは不十分です。これらのタグはiOSやAndroidのアプリコードにアクセスする必要があり、アクセスを提供するSDKは、メディア企業とSSPの間で高い普及率を達成する必要があります。 業界では標準化が進んでいないため、ビューアビリティベンダー各社はそれぞれ独自のJavaScriptタグに対応したSDKを必要としていました。好みのビューアビリティベンダーがいるメディアバイヤーと、複数のビューアビリティSDKの統合やメンテナンスを望まないメディアオーナーの双方にとって、すぐにフラグメンテーションが問題となりました。 …

続きを読む
Hands typing on pc keyboard

価格発見機能の向上がプログラマティックの成長を加速させる

マーケターがより多くの広告費をデジタルチャネルに投資するようになり、プログラマティック広告費は年々新たな節目に到達し続けています。このような規模は驚くべきことですが、これからのプログラマティック・グロースの焦点は、いかにしてアドレッサブル市場を91%から100%に拡大するかというものではありません。その結果は、きっと必然的なものなのでしょう。  むしろ、すでにある機会をいかに効率的に処理するかに注力しなければなりません。そうすれば、プログラマティックの獲得可能な市場をさらに拡大することができます。そのための1つの方法は、他のあらゆる大規模市場の例に倣い、エンドツーエンドの価格発見の向上に投資することです。  私たちの市場はまだ価格発見を優先していないため、今日のプログラマティックの情報は不均整です(また、情報が隠れている状態)。マーケターは、購入したメディアの真の価値と、その背後にある価格競争の力学を完全に把握し、広告費に対するリターンを最適化することができません。逆に、メディアオーナーは、マネタイズを最大化するための在庫の価値を十分に理解できていません。 価格発見は、買い手と売り手の間の透明性を向上させ、インプレッションの正確な価値を決定しやすくします。 価格発見とは何か? 価格発見とは、需要と供給に基づいて特定の商品やサービスの適正価格を決定するという概念で、昔のスーク(市場)から オークションハウスまで、あらゆる公共市場の基礎となる機能です。  ニューヨーク証券取引所(NYSE)やナスダックなどの金融市場は、価格発見機能が非常に優れています。すべての投資家は、リアルタイムの価格透明性の恩恵を受けています。ウォール街のトレーダーでなくても、eTrade、Robinhood、Webull、その他の取引アプリを開けば、個人投資家は株式の市場価値を理解するために買値と売値、そして過去の取引価格を見ることができます。毎日何十億もの株式が取引されているため、これらの価格は需要と供給の間の強いバランスを反映しています。  簡単なことのようですが、参考になるガイダンスや取引履歴がないところで、アップル社の株を買うことを想像してみると、かなりの程度、プログラマティックの現状(静止)がわかると思います。  ウォール街で行われるような取引では、膨大な数の取引から貴重なデータが作成され、マーケットメーカーがそれを使って価格発見をさらに促進します。レベルIIおよびレベルIIIクォートと呼ばれるこの価格情報は、より深みのある市場を提供し、投資家は市場実勢レートの決定に至った理由を正確に理解することができます。取引ごとに、透明性が確保されているので、投資家は十分な情報を得た上で、最適な株価を決定することができるのです。 プログラマティック・エクスチェンジの1日の取引件数は、NYSEのような金融取引所の取引件数をとうに超えており、Indexでは、私たちの取引所だけで1日2700億件を超える取引を処理しています。しかし、プログラマティック広告には、価格発見と透明性のある価格データがまだありません。  今こそ、それを変えるべき時なのです。  価格発見による長期的な利益の享受  バイヤーとセラーの間で透明性のある価格ガイダンスが共有されれば、落札率と広告費の増加につながり、より効率的、効果的、かつ信頼性の高い市場が生まれます。 しかし、価格の透明性の欠如によって生じる非対称的な力学は、一方の当事者に他方に対する影響力を与えるという見方もあります。  短期的に見ればそうかもしれませんが、長期的に見ればそうではありません。むしろ、落札率の低さ、業績の悪さ、信頼の低下を招いているのです。  プログラマティックは、これまでにも短期的な成功のために長期的な利益を犠牲にしてきました。ウェブ上では長い間、メディアオーナーは短期的に直販と競合する可能性があると考え、ドメインの透明性を実現することに抵抗してきました。  実際に行われたのは、不正行為に隠れる場所を提供し、デジタルメディアの価値を低下させることでした。悪質な業者はメディアオーナーから費用を吸い上げるために、曖昧な識別子を利用したのです。業界がads.txtのような透明性のある標準を実装し、サプライチェーン(そして最近ではschain object)の透明性に傾倒するとすぐに、広告費は花開き、CPMは上昇し、プログラマティックはブームとなったのです。  同じことが、価格の発見を可能にすることにも言えます。価格情報は、メディアオーナーと同様にマーケターにとっても重要であり、たとえ最初は不快に感じたり、戦略的でないように思えたとしても、両者間で価格に関するガイダンスをオープンに共有することは、売り手にとって大きな利益となるのです。  …

続きを読む
remote control pointing at a screen

OpenRTB 2.6の注目すべき10の機能

IAB Tech Labは、この春、OpenRTB 2.6を公開しました。これは、コネクテッドTV(CTV)のインベントリ取引方法を改善するために設計された、OpenRTBプロトコルの注目すべき更新版です。 IAB Tech Labは、Index Exchangeやその他業界をリードするいくつかの企業と共に、今日よく見られるCTVの課題を解決する業界標準を策定するために、1年余りを費やしました。その結果がOpenRTB 2.6であり、デジタル広告にとって大きな前進となりました。この仕様は、プログラマティック環境におけるテレビの複雑性を考慮したものであり、CTVの拡張において重要な役割を果たすことでしょう。 私たちは、すべてのメディアオーナー、バイヤー、テクノロジープロバイダーがOpenRTB 2.6を利用することをお勧めします。ここでは、最もエキサイティングな10の新機能を紹介します。 1. 広告ポッド(ad pod)のサポート 長年、私たちの業界では、CTVやその他のオーバー・ザ・トップ(OTT)ビデオにおける広告ポッド型在庫の有無や分量を示すための、標準的なアプローチが欠けていました。広告ポッドは、次々と流れる複数の広告のグループで、従来のリニアテレビのアドブレイクに似ており、CTVでよく使用されています。しかし、テレビのアドブレイクの体験をCTVで再現する明確で簡単な方法はないことから、CTVとリニアテレビを別のものとして扱いつつ、広告ポッド内での重複を避けることが必要でした。 OpenRTB 2.6では、バイヤーが広告ポッド内の様々なポジションに対し、入札レスポンスをターゲットできるようになっており、メディアオーナーが秒単位のCPM入札フロアが設定できる機能が導入されています(静的なフロアではなく)。 メディアオーナーやバイヤーは、消費者が慣れ親しんだテレビ広告の体験をさらによく再現できるとともに、プログラマティックだからこそ提供できるターゲティングや、メジャメントの恩恵を受けることができます。 2. 柔軟な広告ポッド導入手引き …

続きを読む
small packages on laptop keyboard

インベントリパッケージでオープンマーケットをキュレーション

オープンマーケットでは、マーケターやメディアオーナーが大きな規模でオーディエンスに到達し、収益化を図ることができます。しかし、その範囲があまりにも広範囲であるため、バイヤーにとっては効率性の面で問題が生じる場合があります。特に、適切なインベントリ(広告掲載面)をターゲットすることが、適切なオーディエンスにリーチすることと同様に重要である場合、問題になりがちです。 例えば、マーケターは、データを利用してスポーツ、ゲーム、エンターテイメントに関心を持つオーディエンスにリーチすることを目指し、関連するサイトやコンテンツを通して、あるいはモバイル、CTV、ウェブに共通の特定のフォーマットによるエンゲージメントを望んでいるとしましょう。その実現には、オープンマーケット上で簡単にサプライをまとめる手段が必要となります。 インベントリパッケージは、まさにそれを可能にするもので、マーケターにとって購買のワークフローをシンプルにしつつ、高品質で関連性の高いインベントリにアクセスできるようにします。 インベントリパッケージのメリット インベントリパッケージは、単一のディールIDを使用してオープンマーケットの在庫をまとめられる、強力かつ簡単な手段です。インベントリパッケージを利用すると、次の方法でマーケターにとっての効率性を向上でき、同時にメディアオーナーにとっては、デマンドを増加させることができます: サプライのキュレーションおよびカスタマイズが容易に。バイヤーはメディアオーナーのリストを使用して、サイト、コンテンツカテゴリー、デバイス、フォーマット、またその他の条件でパッケージのキュレーションが可能です。 ワークフローと最適化が簡単に。 素早く設定することができ、モニタリングとセルサイドの最適化が簡単にできるため、インベントリパッケージはホワイトリストよりも管理が容易です。 ボリュームインセンティブで最大限の節約を。バイヤーは、インベントリパッケージをボリュームインセンティブと組み合わせることで、さらに効率性を高めることができます。ボリュームインセンティブにより、同量の予算でより多くのインプレッションを購入でき、リーチやパフォーマンス、その他のKPIを向上させることができます。 インベントリパッケージ + ボリュームインセンティブ = 効率性の向上およびコスト削減 インベントリパッケージとボリュームインセンティブの双方を利用するマーケターは、キュレーション済みのインベントリと、インセンティブによる割引という2つの大きなメリットを享受でき、サプライパス最適化(SPO)が実現できます。当社が最近リリースしたボリュームインセンティブプログラムはスケールメリットの概念に基づくもので、出稿量が増えれば増えるほど、メディアバイヤーにとってお得になります。Index Exchangeの手数料を削減し、その分を、メディアへの再投資ができるようバイヤーに還元します。 標準的なオープンマーケットやダイレクトディールと比較して、Index Exchangeでは、インベントリパッケージで最大の割引を提供します。メディアバイヤーは、ボリュームインセンティブによる割引、オープンマーケットの柔軟性、さらにプライベートマーケットプレイスのキュレーションツールのメリットを享受することができ、結果としてオープンインターネットにおける効率性とパフォーマンスの向上を実現します。 サプライパスをさらに最適化 メディアオーナーとバイヤーの両者が、より強靱なバリューチェーンを構築し、より戦略的なパートナーシップに注力するべく、サプライパスとデマンドパスの簡素化を図っています。SPO …

続きを読む
man and woman holding a tablet

バイヤー向けボリュームインセンティブのご紹介:スケールメリットを活用し、サプライパスの効率性を向上

メディアオーナーとバイヤーの双方に価値を還元し、より効率性の高いサプライパスを実現するというIndex Exchangeの長年のコミットメントの一環として、この度バイヤー向けボリュームインセンティブの一般提供開始をお知らせいたします。 ボリュームインセンティブは、Index Exchangeのマーケットプレイスにスケールメリットを導入する方法を求めるバイヤーのニーズに応えて、当社が2年前に開発した初めてのインセンティブベースプログラムであるExchange Fee Reduction (XFR) の成功のもとに開発されたものです。XFRプログラムでは、大手メディアバイヤーとメディアオーナーのトランザクションにおいてIndex Exchangeが承る手数料を引き下げることにより、割引分がメディアオーナーに還元されます。XFRにより、サプライチェーン全体における透明性を新たなレベルに引き上げたことが、本プログラムが成功に至った主な要因です。 XFRの運用開始以来、当社ではより多くの付加価値を創出すべく、お客様とともにインセンティブプログラムの最適化に向けて尽力してまいりました。これはつまり、マーケターにとっては、プログラマティックサプライパス全体で、より効率性の高いメディア購買の実現を意味します。メディアオーナーにとっては、Index Exchangeを通したトランザクションの増加を目指すものです。 それらのフィードバックに加え、投資の強化は効率性の強化につながるべきであるというIndex Exchangeの中核的信念により、当社はボリュームインセンティブを開発しました。スケールメリットの概念に基づくこのプログラムは、各トランザクションにおける割引分をバイヤーに還元することで、同じ予算でより多くのメディアの購入が可能となります。 これは、バイヤー側のサプライパスの最適化を実現しつつ、メディアオーナー側は出稿量を増加させる強力な手段となります。 ボリュームインセンティブの仕組み バイヤーの出稿量が増えるにつれ、より多くの割引が適用されるというシンプルな仕組みです。Index Exchangeでは当社の 手数料を減額し、割引分をバイヤーに還元します。 ここで非常に斬新なのは、バイヤーに対するメディアのコストを、入札に影響を与えることなく、引き下げることができる点です。これにより、入札時の競争は維持され、CPMにおける割引が落札率の低下につながることはありません。結果として、マーケターの予算がより多くメディアに費やされることとなり、それは直接的に到達率の増加、CPAの削減、ROIの改善など、キャンペーンKPIの向上につながります。 また、ボリュームインセンティブは、お客様がIndex …

続きを読む