cookie on a keyboard

Mediavine:LiveRampとIndex Exchangeが、クッキーの利用が制限されたブラウザで、CPMの向上を実現

概要 サードパーティークッキーが2023年に(Chromeでの廃止をもって)期限を迎えることが決定している中、現在もウェブ活動のかなりの部分は、Safari、Edge、Firefoxなどのブラウザで発生しています。これらすべては、サードパーティークッキーを識別子として利用することを制限しています。   世界各国の8500社を超えるパブリッシャーのウェブサイトの収益化を行っているMediavineでは、毎月1億5000万人によるウェブサイト閲覧を受け、毎月200億件の広告インプレッションを処理しています。満稿インプレッションの約40%は、クッキーの利用が制限されたブラウザで表示されます。   サードパーティークッキーが利用できないことから、オーディエンスターゲティングのみならず、フリクエンシーキャップ設定や正確なオーディエンスリーチなどの効率性に貢献する機能に制限が加わります。これらの機能が使えなくなると、マーケターが望むオーディエンスへのリーチ効率が低下するため、インプレッションに対する入札が減少します。一例として、Mediavine’のSafariにおけるCPMはChromeのものよりも50%以上低いものでした。   そして多くのユーザがこれらのブラウザを利用するため、パブリッシャーは、収益化の機会を失うこととなります。 ソリューション  Index Exchangeでは、クッキーの利用が制限された環境でもパブリッシャーが収益を向上し、プレミアムなCPMを維持するのに有効なアドレッサビリティソリューションの導入を支援するべく、長きにわたりLiveRampとパートナーシップを築いてきました。データ接続の世界的リーダーであるLiveRamp は、その完全に相互使用可能なインフラにより、世界のトップブランドや代理店、パブリッシャーに対し、アドレッサビリティを提供しています。  Mediavineでは、Index Exchangeが統合するLiveRampの認証トラフィックソリューション(ATS)を活用し、 LiveRampのプライバシー優先で、人ベースの識別子であるRampID™による認証済みインベントリに接続しています。そのことにより、Mediavineでは、クッキー規制のあるブラウザにおいて、世界的に自社インベントリのアドレッサビリティを向上し、収益化の強化に成功しました。 「今後サードパーティークッキーが廃止されることは、パブリッシャーがプライバシー優先の識別子ソリューションの採用を検討する大きな理由ではありますが、ATSなら今からでもパブリッシャーにとって利益率とCPMの向上を期待できます。当社とMediavine、およびIndex Exchangeとのパートナーシップにより、ATSがアドレッサビリティの拡大と収益の向上に即時にもたらす好影響が例示されています。パブリッシャーが注力するブラウザがクッキー有効のものでも、クッキーを使用しないものでも、あらゆるチャネルやフォーマットにおいて、自社の認証済みインベントリを容易にマーケターのデマンドにつなぐことができます。」 LiveRampアドレッサビリティ&エコシステム担当上級副社長トラビス・クリンガー(Travis Clinger)氏 結果 Mediavineでは、RampIDが入札リクエストに存在する場合、サードパーティークッキーを利用しないブラウザで、​142%​のCPM上昇が見られました。   Mediavineにとって、Index ExchangeのATSとの統合は、サードパーティークッキーを利用しない未来に備えるだけでなく、現在のマネタイゼーションを世界的に向上させることでもあるのです。 …

続きを読む
Jeff and Andrew fireside chat on the future of programmatic in an omnichannel world

プログラマティック広告の未来を乗り切るには

プログラマティック広告の未来は間違いなく、近ごろアドテク業界全体で見られた激震とも呼べる変遷によって形作られていくことでしょう。すなわち、プラットフォームの更新、アイデンティティにまつわる絶え間ない戦い、より厳格になる法規制、そして新たなコンテンツ消費の習慣などです。 新たなチャネルやデバイスは、進化を続ける機会をもたらしてくれます。昨年、当社が自社エクスチェンジインフラを完全に再構築した理由はここにあります。当社が今日のオムニチャネル環境のために、イノベーションを実現するためです。世界的に拡大を続ける法規制や急速な変化を遂げるプラットフォーム環境は、引き続き新規企業がこの業界に参入する障壁となっています。さらに、これまでになく一層関心を高めるデジタルコンテンツの消費者たちの存在により、私たちには毎年目まぐるしい進展が求められるようになっています。  これらすべての業界シフトはまた、オープンインターネットの重要性と独立系アドテク企業が市場にもたらす価値を裏付けるものです。Index Exchangeでは、すべての関係者が安心して取引できる環境となる、公正で効率的なマーケットプレイスへの当社の絶え間ない追求が、メディアオーナーとマーケター、そして消費者のメリットとなると考えます。  これらの変遷を乗り切る助けとなる人物に、The Trade Deskの創設者兼CEOであるジェフ・グリーン (Jeff Green ) 氏を置いて他にいるでしょうか。同氏はこの業界において最も先進的なビジョンを持った人物の一人です。同氏とIndex ExchangeのCEOアンドリュー・カサーレ (Andrew Casale)が、オムニチャネル環境がもたら機会をすべて最大限に活用する方法について討議しました。オンラインで開催された座談会「オムニチャネル環境におけるプログラマティックの未来」から、要点をご紹介しましょう。 プログラマティック広告のサプライチェーンにより効率的な規模の実現が必要な時代に  両氏の会話はまず、プログラマティック広告のサプライチェーンに注目することからはじまりました。プラットフォームの未来における主な課題は、規模ではないからです。重要なことは、プログラマティック広告の膨大な規模からもたらされるインサイトを解き放つことにより、サプライチェーンが可能な限り効率的、かつ効果的になることです。そのような概念の一つに、最適価格の策定があります。これは、メディアオーナーとバイヤーの間におけるトランザクションの価値に関し、さらなる透明性を創出することで適切な規模を実現するために重要となります。  価格策定への取り組みの一環として、The Trade Deskでは最近、「Global Placement …

続きを読む
people walking on the street

GoogleのFLoCに代わるTopics APIについて知っておくべきこと

昨年、GoogleがChromeによるサードパーティーCookieの取り扱い廃止を遅延を発表をした際に、近日中に大きな変化が起ることは予測されていました。予測に違わず、1月25日Googleは、インタレストベース広告のための新しい「プライバシーサンドボックス」の提案となるTopics APIを発表しました。Topicsは、Federated Learning of Cohorts (FLoC)に 代わり、消費者の関心を反映するものであり、FLoCのようにインタレストベースのコホートに分類するものではありません。  「プライバシーサンドボックス」関連の提案の進化を見守ってきた人々にとって、これは自然な流れでした。FLoCのGDPRとの整合性、またデータ使用の透明性を保ちつつ、消費者のプライバシーを保護する機能に関する懸念があったことから、Googleはそれを反映した新しい提案を開発することになったのです。   Googleが今後もIndex Exchangeを含むオープンアドテクのコミュニティーとのやり取りを進め、フィードバックを得ていくことにより、Topics APIはさらなる進化を遂げていくことでしょう。前回の提案と比較すると、TopicsはサードパーティーCookieの廃止後、より使いやすく、よりプライバシーの保護に注力しながら、 Chromeにおけるアドレッサビリティーを提供してくれるようです。  Topics APIとは? Topicを使用すると、消費者がChromeブラウザを使用て閲覧するコンテンツにより、関心を持つ話題にグループ分けされます。例えば、2022年オリンピック大会に関する記事を読んでいる消費者は、「スポーツ」の関心グループに追加されます。その後、同じ消費者がTopicsを利用する別のウェブサイトにアクセスすると、APIがそのパブリッシャーの広告パートナーに対し、最大3件の関心ある話題のラベルを送信し、その消費者がどの広告カテゴリーに関心を示す可能性があるかを伝えます。   このAPIは消費者データに分散型のアプローチをとるため、多くのプライバシー擁護者にとっては朗報でしょう。Topicsは、Googleその他外部の業者のサーバー上ではなく、消費者自身のブラウザ上に保存されます。Googleの説明によると、「Topicsは3週間保存された後、古いものから削除されます。」さらに消費者のプライバシー保護の強化をとして、Topicsの分類法には、人種や性別等のセンシティブな情報は含まれません。 FLoCからの改善点  より強力なプライバシー保護:消費者プライバシーの擁護者は、FLoCがその設計上、センシティブな話題にもとづいて消費者がトラッキングされる可能性があることに懸念を表明していました。センシティブなカテゴリー内のコンテンツはFLoCの計算から排除されていたものの、とりわけ高度な機械学習技術を利用することで、FLoCクラスターからセンシティブな話題を推測することは依然として可能でした。さらに、第三者がFLoC IDを利用できる方法に関しては、不明確な状態でした。  Topicsでは、明示的に関心ある話題により消費者をグループ分けするとともに、グループの識別子ではなく、関心事そのものをコミュニケーションで使用することで、前述の懸念に関し、改善を図っています。グループ数が減少し、より一般的なものになっています: FLoCでは、約3万件のコホートが設定されていましたが、Topics …

続きを読む