ノートパソコンを使う女性

プライバシーサンドボックスレポートでより高い透明性を  

Protected AudienceとTopics APIの採用とテストを開始するため、より多くのパブリッシャーと協力する中で、サードパーティクッキー廃止後のChromeでは、広告費は減少するのか?プライバシーサンドボックスは収益化の代替となるのか?というような、APIとAPIの機能に関する多くの質問を受けました。このような質問に対して、より明確な答えを提供するため、当社は2つの新しいプライバシーサンドボックス・レポートフィールド「Protected Audience Status」と「CMAラベル」を導入します。  

続きを読む

Googleプライバシーサンドボックスと利用開始方法について

Google Chromeは、2024年にサードパーティクッキーを完全に廃止する予定で、世界市場シェアの63%を占めている(英語)ことから、広告業界におけるアドレッサビリティの捉え方に大きな変化をもたらすでしょう。   消費者のプライバシーを保護しながら効果的な広告を維持するために、Googleはサードパーティクッキーの代替ソリューションであるプライバシーサンドボックスを提唱しました。  …

続きを読む
man pointing at tablet

テクノロジーの選択肢が広がることで、プログラマティック広告はコンテンツクリエーターにとって、より簡単かつ、収益性の高いものになります

今週、Googleはヘッダー入札のワークフローの簡易化を図った、重要な新機能の導入を発表しました。パブリッシャーはヘッダー入札のパートナーを、数千に上るパブリッシャーが利用するGoogleの広告サーバーと対等に、かつリアルタイムで、簡単に統合することが可能になります。 この機能は長年待ち望まれてきたもので、人によっては5年から10年越しの実現となることでしょう。これにより、他のヘッダー入札ベンダーがGoogle広告エクスチェンジのシームレスな代替手段を提供できるようになり、パブリッシャーは競合を強化するとともに、収益性の向上を見込むことができるようになります。 当社ではこれをGoogleによるポジティブな動きと見ており、市場とGoogleが協力することで競争を後押しし、パブリッシャーが自社の選択によるエクスチェンジや広告サーバーを利用できるようになると期待しています。 …

続きを読む
Jeff and Andrew fireside chat on the future of programmatic in an omnichannel world

プログラマティック広告の未来を乗り切るには

プログラマティック広告の未来は間違いなく、近ごろアドテク業界全体で見られた激震とも呼べる変遷によって形作られていくことでしょう。すなわち、プラットフォームの更新、アイデンティティにまつわる絶え間ない戦い、より厳格になる法規制、そして新たなコンテンツ消費の習慣などです。 新たなチャネルやデバイスは、進化を続ける機会をもたらしてくれます。昨年、当社が自社エクスチェンジインフラを完全に再構築した理由はここにあります。当社が今日のオムニチャネル環境のために、イノベーションを実現するためです。世界的に拡大を続ける法規制や急速な変化を遂げるプラットフォーム環境は、引き続き新規企業がこの業界に参入する障壁となっています。さらに、これまでになく一層関心を高めるデジタルコンテンツの消費者たちの存在により、私たちには毎年目まぐるしい進展が求められるようになっています。  これらすべての業界シフトはまた、オープンインターネットの重要性と独立系アドテク企業が市場にもたらす価値を裏付けるものです。Index …

続きを読む