man pointing at tablet

テクノロジーの選択肢が広がることで、プログラマティック広告はコンテンツクリエーターにとって、より簡単かつ、収益性の高いものになります

今週、Googleはヘッダー入札のワークフローの簡易化を図った、重要な新機能の導入を発表しました。パブリッシャーはヘッダー入札のパートナーを、数千に上るパブリッシャーが利用するGoogleの広告サーバーと対等に、かつリアルタイムで、簡単に統合することが可能になります。 この機能は長年待ち望まれてきたもので、人によっては5年から10年越しの実現となることでしょう。これにより、他のヘッダー入札ベンダーがGoogle広告エクスチェンジのシームレスな代替手段を提供できるようになり、パブリッシャーは競合を強化するとともに、収益性の向上を見込むことができるようになります。 当社ではこれをGoogleによるポジティブな動きと見ており、市場とGoogleが協力することで競争を後押しし、パブリッシャーが自社の選択によるエクスチェンジや広告サーバーを利用できるようになると期待しています。 ヘッダー入札機能について分かっていること ヘッダー入札の長所と短所は多くの記事で扱われているため、今回はそこに触れることはしません。その代わり、ヘッダー入札機能が関係すると思われる独立系エクスチェンジの利用にあたり、パブリッシャーが経験するライン項目の設定と、入札バケットに関する2つの短所について考えましょう。 ヘッダー入札前には、エクスチェンジはパブリッシャーインベントリに入札できる価格として予想静的価格を提示する必要がありました。例としてここでは、$0.34としましょう。しかし、インプレッションの価値と可用性のあるデマンドの変動が大きすぎるため、この手法は難しく、非現実的なものでした。平均値を取ることは、取引の実行には非効率的だったのです。常に実際の価格で入札できるGoogle広告エクスチェンジと比較すると、$0.34という価格ではインプレッションの価格を過小評価、あるいは過大評価してしまう恐れがあります。 これを回避するべく、ヘッダー入札では微細な価格変動に対応する数多くのライン項目を設定し、可用性のあるサプライとデマンドに基づいて、ライン項目を動的に有効化します。それにより、広告サーバーに接続された広告エクスチェンジは、実際の価格で競争することができるようになりました。 しかしながら、ライン項目の限界から、パブリッシャーは価格幅を示すバケットを作成する必要が生じます。その数値は、入札プロセスで切り上げまたは切り下げられます。例えば、あるエクスチェンジが$5.24で入札すると$5.00に切り下げられて競争することとなりますが、Google広告エクスチェンジは完全に正確な入札額によりオークションで競り、落札することができるのです。 このような動きは、パブリッシャーにとっては単純に利益損失となる一方、Googleは落札率が高くなるという優位性を手に入れることから、バイヤーはGoogleのエクスチェンジを好んで選ぶようになります。 ヘッダー入札機能はこの間隙を埋めるものとなり、パブリッシャーは、いかなる価格バケットやライン項目の限界があったとしても、自社のヘッダー入札パートナーを利用して細分化された価格レベルで競争することができるようになります。結果として、面倒なライン項目の設定や入札バケットの欠点を排除することができます。 当社としては基本的に楽観的なスタンスですが、全く懸念がないわけではありません。過去において、Googleは公平な競争環境の促進に役立つと思える変更を提案したものの、結局はそのようにならなかったこと(例えば、統一価格設定ルールやラストルックの排除に関するもの)があるからです。しかし、今回の動きに関してはGoogleは称賛に値し、当社としてはその結果を見てみたいと思います。 Prebidエコシステムの推進に向けた協力体制 パブリッシャーエコシステムはGoogleのヘッダー入札機能からメリットを享受することとなりますが、その変化の実現において大切な部分となるのがラッパーです。長年にわたり数多くのラッパーソリューションが存在してきましたが、Index Exchangeはその普及に大きな役割を担ってきました。 当社は、最初期からPrebidアダプターのコードベースに貢献した一社であり、Prebidに後続参加し、この業界におけるオープンなコラボレーションの未来を支援し、唱道してきました。Googleのヘッダー入札機能の最初のバージョンは、Prebidラッパーに適用されるため、パブリッシャーは簡単に導入できるとともに、業界標準に関連するコラボレーションを促進する機会となります。 今後、Index ExchangeではPrebidへの継続的投資を強化し、今後数か月でお客様と協働しつつ、Prebidに対応した設定へと更新するお手伝いをして参ります。 より多彩な選択肢をパブリッシャーに提供 テクノロジーの選択とアドテクの障壁解消は重要事項です。お客様との対話に基づくと、パブリッシャーは、Prebid.jsまたはPrebid Serverを通してGoogleの広告エクスチェンジを呼び出すことを望んでいます。それにより、パブリッシャーは大規模なデマンド源であるGoogleの広告エクスチェンジを失うことなく、新たなレベルの選択肢を手に入れることが可能となります。 …

続きを読む
Jeff and Andrew fireside chat on the future of programmatic in an omnichannel world

プログラマティック広告の未来を乗り切るには

プログラマティック広告の未来は間違いなく、近ごろアドテク業界全体で見られた激震とも呼べる変遷によって形作られていくことでしょう。すなわち、プラットフォームの更新、アイデンティティにまつわる絶え間ない戦い、より厳格になる法規制、そして新たなコンテンツ消費の習慣などです。 新たなチャネルやデバイスは、進化を続ける機会をもたらしてくれます。昨年、当社が自社エクスチェンジインフラを完全に再構築した理由はここにあります。当社が今日のオムニチャネル環境のために、イノベーションを実現するためです。世界的に拡大を続ける法規制や急速な変化を遂げるプラットフォーム環境は、引き続き新規企業がこの業界に参入する障壁となっています。さらに、これまでになく一層関心を高めるデジタルコンテンツの消費者たちの存在により、私たちには毎年目まぐるしい進展が求められるようになっています。  これらすべての業界シフトはまた、オープンインターネットの重要性と独立系アドテク企業が市場にもたらす価値を裏付けるものです。Index Exchangeでは、すべての関係者が安心して取引できる環境となる、公正で効率的なマーケットプレイスへの当社の絶え間ない追求が、メディアオーナーとマーケター、そして消費者のメリットとなると考えます。  これらの変遷を乗り切る助けとなる人物に、The Trade Deskの創設者兼CEOであるジェフ・グリーン (Jeff Green ) 氏を置いて他にいるでしょうか。同氏はこの業界において最も先進的なビジョンを持った人物の一人です。同氏とIndex ExchangeのCEOアンドリュー・カサーレ (Andrew Casale)が、オムニチャネル環境がもたら機会をすべて最大限に活用する方法について討議しました。オンラインで開催された座談会「オムニチャネル環境におけるプログラマティックの未来」から、要点をご紹介しましょう。 プログラマティック広告のサプライチェーンにより効率的な規模の実現が必要な時代に  両氏の会話はまず、プログラマティック広告のサプライチェーンに注目することからはじまりました。プラットフォームの未来における主な課題は、規模ではないからです。重要なことは、プログラマティック広告の膨大な規模からもたらされるインサイトを解き放つことにより、サプライチェーンが可能な限り効率的、かつ効果的になることです。そのような概念の一つに、最適価格の策定があります。これは、メディアオーナーとバイヤーの間におけるトランザクションの価値に関し、さらなる透明性を創出することで適切な規模を実現するために重要となります。  価格策定への取り組みの一環として、The Trade Deskでは最近、「Global Placement …

続きを読む