ノートパソコンを持って話す人たち

IAB Tech Lab PLCMTガイドラインをサポート  

IAB Tech Labが、昨年更新したPLCMT動画標準は、動画広告フォーマットに関する、統一された詳細情報を提供しています。現在施行中のこのガイドラインは、消費者の広告体験を改善し、マーケターが動画インベントリを正確に特定しやすくし、メディア企業が最適な収益化を達成できるようにすることを目的としています。

続きを読む
ノートパソコンを使う女性

プライバシーサンドボックスレポートでより高い透明性を  

Protected AudienceとTopics APIの採用とテストを開始するため、より多くのパブリッシャーと協力する中で、サードパーティクッキー廃止後のChromeでは、広告費は減少するのか?プライバシーサンドボックスは収益化の代替となるのか?というような、APIとAPIの機能に関する多くの質問を受けました。このような質問に対して、より明確な答えを提供するため、当社は2つの新しいプライバシーサンドボックス・レポートフィールド「Protected Audience Status」と「CMAラベル」を導入します。  

続きを読む
リモコンでTVを操作

広告ポッド:OpenRTB 2.6がストリーミングTVをどう変えるか

2022年初頭にOpenRTB 2.6が発表されて以来、ストリーミングTVを大きく変える様々な新しい機能が提供されました。  

IAB Tech Labは、Index Exchangeとその他プログラマティックに関わるリーダー達と協働し、TVに特定したニーズに対応し、チャネルにおける効率性、規模、透明性を向上することを目的としてOpenRTB 2.6を開発しました。

続きを読む

JICDAQ認証更新のお知らせ

Index Exchangeは、一般社団法人デジタル広告品質認証機構(JICDAQ)による、「無効トラフィック対策」および「ブランドセーフティ」の二分野において、2024年3月1日付けで認証更新を完了しました。今回の更新により、当社は3年連続認証を取得しています。

続きを読む

Googleプライバシーサンドボックスと利用開始方法について

Google Chromeは、2024年にサードパーティクッキーを完全に廃止する予定で、世界市場シェアの63%を占めている(英語)ことから、広告業界におけるアドレッサビリティの捉え方に大きな変化をもたらすでしょう。   消費者のプライバシーを保護しながら効果的な広告を維持するために、Googleはサードパーティクッキーの代替ソリューションであるプライバシーサンドボックスを提唱しました。  …

続きを読む
Person watching streaming tv Optimize Programmatic Monetization in Streaming TV

ストリーミングTVでプログラマティック収益化を最適化する5つの方法

ストリーミングTVの成長に伴い、プログラマティックの技術も急速に発展しています。 技術的な実装が、急増する視聴者数と導入の普及についに追いついて来ました。これは、プログラマティックの収益化戦略を強化したいと考えているストリーミングTVのパブリッシャーやプラットフォームに朗報です。

続きを読む

価格の透明性改善により、プログラマティックの効率と価値がさらに向上

プログラマティック市場が成熟していくにつれ、効率性と真の価値創造の追求という重要なテーマが浮上してきました。マーケットの両サイドを代表するプラットフォームへの統合から供給経路の最適化への注目が高まっており、業界全体で大きな変化が起こっています。  

続きを読む
person sitting on the floor with a computer and aphone

プログラマティック広告のフロアプライスを見直そう

フロアプライスやレートカードは、プログラマティック広告マーケットプレイスでメディア企業がインベントリを販売するのに必要不可欠な要素です。課題は、SSPとDSP間で語られるフロアが、根本的過ぎて現代や未来のマーケットにおいて時代遅れであることです。 OpenRTB(英語)のメディア企業は、インプレッションの機会毎に価格ガイダンスを提供します。

続きを読む