リーガル

プライバシーポリシー

最終更新日:2021年7月15日

Index Exchangeのプライバシーポリシーへようこそ。当社ではユーザーのプライバシー保護と、個人情報を、透明性を保ちながら、慎重に、敬意を持って取り扱うことをお約束します。

このプライバシーポリシー(以下本ポリシーと呼称)は、ユーザーの個人情報、個人データ、および関連する地域で用いられる同義の用語(データと総称)を当社が収集、利用、および共有(アクセスと総称)する方法について説明するものです。参照のため、データとは直接的あるいは間接的にユーザーを特定できる情報を指します。また本ポリシーでは、米カリフォルニア州、ヨーロッパ、ブラジルのプライバシー関連法を含む適用法にも基づくユーザーの権利の行使方法についても説明します。

本ポリシーに言及がある場合、Index Exchange当社、または弊社とは、Index Exchange Inc.およびその世界各地に所在する直接的あるいは間接的な子会社を指します。

当社について

Index Exchangeは、グローバルなデジタル広告マーケットプレイスです。当社の技術(Index Exchangeプラットフォームと呼称)は、当社の顧客がユーザーに対し広告を提供することを支援するものです。Index Exchangeプラットフォームは、当社の顧客がオンライン広告を売買することを支援するデジタルオークションをホスト(プラットフォームサービスと総称)します。これらの広告は、ウェブサイトやモバイルアプリケーション(アプリと呼称)、またスマートTVのストリーミングアプリなどの動画番組サービス(デジタル資産と総称)で表示されるものです。

あらゆるエクスチェンジプラットフォームと同様、当社はバイヤーとセラーの間で仲介者の役目を担います。本ポリシーにおいて、広告スペースを販売する当社の顧客をパブリッシャーと呼称します。パブリッシャーは、ユーザーが利用・訪問することのできるデジタル資産を所有、または運用します。当社では、広告スペースを購入する顧客(広告主等)をバイヤーと呼称します。バイヤーには、デマンドサイドプラットフォーム(DSPと呼称)やデータ管理プラットフォーム(DMPと呼称)が含まれる場合があります(デマンドサイドパートナーと総称)。これらは、ユーザーが訪問するパブリッシャーのデジタル資産において、ユーザーに関連広告を配信するため、広告主とIndex Exchangeをつなぐデジタル広告サプライチェーンにおける追加の仲介者となります。デマンドサイドパートナーは、広告主(ブランド等)や広告代理店、広告ネットワーク(広告パートナーと総称)を含むその他のバイヤーと連携し、ユーザーに関心があると思われる広告を調達します。当社とデマンドサイドパートナーは、広告パートナーとパブリッシャ―を繋げて、関連する広告をユーザーに届ける、仲介者の役割を果たしています。

本ポリシーでは、Index Exchangeにおける慣行を説明します。本ポリシーは、パブリッシャーやバイヤーのものを含む第三者により収集された情報やデータには適用されません。ご利用になるデジタル資産のプライバシーポリシーをご覧になり、そのプライバシー慣行を理解されることをお勧めします。

本ポリシーの第110項では、当社が顧客に対しプラットフォームサービスを提供する際にアクセスするデータに関する情報を示します。当社の法人データ収集に関する詳細は、第11項の法人プライバシーポリシーをご覧ください。

当社ではこのポリシー全文をお読み頂くことをお勧めしていますが、特にユーザーにとって関心のある項目へのリンクを、右に記載させて頂きます。

当社がデータにアクセスする方法
  1. プラットフォームサービス:ユーザーがパブリッシャーのデジタル資産を訪問した際、Index Exchangeではユーザーのデータにアクセスします。Index Exchangeがユーザーのデータにアクセスするのは、当社のプラットフォームサービスを提供する目的で、パブリッシャーによる承認を受けた場合に限ります。当社がアクセスするデータは、ユーザーを間接的に特定するデジタル識別子(クッキー、デバイス情報等)に限ります。当社では、ユーザーの名前、メールアドレス、連絡先情報、年齢、性別、それに類する情報にはアクセスすることはありません。
  2. 法人:ユーザーが事業者としての立場で当社とやり取りを行う場合、当社はビジネス関係の一環として、書面による同意により、あるいは当社の正当な利益に基づき、ユーザーのデータにアクセスします。詳しくは、当社の法人プライバシーポリシーをご覧ください。
  3. ウェブサイト:当社では、当社の法人ウェブサイト www.indexexchange.com または Index Exchange の国際提携ウェブサイトにアクセスの際に、ユーザーのデータにアクセスすることはありません。当社では、ウェブサイトの機能の都合上、またユーザー体験向上のためにウェブサイトでクッキーを利用しています。詳しくは、当社のウェブサイトとクッキーに関する通知をご覧ください。
当社がアクセスするデータの種類

当社の顧客向けのプラットフォームサービスを提供する目的に限定して、当社がアクセスする可能性のあるデータを次に列挙します。当社がプラットフォームサービスを提供する際、常に下記すべての情報を受信するとは限りません。当社が受信する情報は、主にユーザーが情報交換するパブリッシャーに依存します。また、当社が下記に列挙されているデータにアクセスするのは、法的に許可されている場合のみです。

ブラウザとデバイスに関する情報

  1.   オンライン識別子IDこれらは直接的または間接的にユーザーを特定できるデジタル識別子で、次のものが含まれます:
    1. クッキー当社が情報収集できるようユーザーのブラウザに保存される小さなファイルやコード。クッキーについて詳しくは、当社のウェブサイトとクッキーに関する通知をご覧ください。
    2. ピクセルウェブサイトを訪問時に当社がデータを収集できるよう読み込まれるHTMLコードスニペット。
    3.  

      サードパーティーオンライン識別子サードパーティーに帰属するID。サードパーティーIDは、広範に集計されたオーディエンス・セグメントに関連付けられ、ユーザーの関心事に基づくより関連性の高い広告(スポーツやファッションに関する広告等)を提供するためにバイヤーと共有される場合があります。

  2. ブラウザ情報ユーザーが使用するブラウザの種類やバージョン、ブラウザ設定(言語・現地時間等)、ユーザーエージェント、IPアドレスなどの情報。
  3. デバイス情報該当する場合、デバイスの種類(例:ノートパソコン、携帯電話、TV等)、機種、メーカー、オペレーティングシステム、タイムゾーン、電子通信事業者情報、ネットワーク情報(Wi-Fi等)、モバイルアプリ情報などの一般情報。モバイルデバイス情報には、各モバイルデバイスに内蔵される標準広告識別子が含まれます。下記のものが該当します:
    1. IDFA – AppleiOSデバイスに使用される広告識別子。および、

    2. Googl 広告IDAAIDまたはGAID – Androidデバイスで使用される広告識別子。ユーザーのデバイス上におけるモバイルアプリの利用を追跡。
  4. 位置情報都市、国、郵便番号、緯度・経度などのジオロケーション情報。この種の位置情報は、精密ジオロケーションデータとも呼ばれます。

クロスデバイスリンクに関する注記:クロスデバイスリンクとは、1人のユーザーを複数のデバイス(スマートTV、携帯電話、ウェブサイト等)にわたり追跡するプロセスのことです。Index Exchangeでは、クロスデバイスリンクには関与しません。ただし、当社パートナーの一部はクロスデバイスリンクを実施する場合があります。

また、Index Exchangeでは、クリック率(CTR)やユーザーのブラウザ履歴を測定したり、再ターゲティング、再特定、オーディエンス分類を実施したりはしません。ただし、当社パートナーの一部はこのような慣行に従うことがあります。

当社のユーザーデータの利用方法

当社では、プラットフォームサービスを提供するために、ユーザーのデータにアクセスします。当社がデータを処理するビジネス上の目的とその法的根拠については、下記の説明をご覧ください:

A. 当社のビジネス上の目的のため

当社では、ユーザーのデータ(上記第3項による)に次のビジネス上の目的でアクセスします

  1. 広告配信パブリッシャーのデジタル資産でユーザーに対して広告を配信するため。
  2. 広告レポート広告が正確にユーザーに配信されたことを確認するため。
  3. トラブルシューティング、最適化、製品改善当社のプラットフォームサービスを改善するとともに、ユーザーへの広告配信の正確性を確保するため。
  4. 広告審査詐欺、マルウェア、その他禁止されている行動を防止するため。
  5. プライバシーに関する権利ユーザーのオプトアウトの選択や「販売禁止」シグナルを表示・実行するとともに、ユーザーのプライバシーに関する選択や権利を尊重するため。

B. データへアクセスする法的根拠

欧州データ保護法などの国際法により、当社がユーザーのデータにアクセスするには法的理由が求められます。Index Exchangeでは、下記のいずれかの法的根拠(複数の場合あり)により、ユーザーのデータにアクセスします:

  1. 同意ユーザーがパブリッシャーに対し、Index Exchangeによるアクセスに同意する場合。これは例えば、ユーザーがクッキー設定バナーのあるウェブサイトを訪問した際、[すべて受け入れる]をクリックすると、当社は、ユーザーがIndex Exchangeによるデータのアクセスに同意したことを明示するテクニカルシグナルを受けとります。
  2. 正当な利益当社ではまた、正当な理由がある場合にユーザーのデータにアクセスする場合があります。例えば、当社ではプラットフォームサービスを提供するためにユーザーのデータにアクセスします。そのようなプラットフォームサービスにより、ユーザーは自身が関心を持つと思われる無料オンラインコンテンツ(ニュースウェブサイトやブログ等)を閲覧することができます。Index Exchangeではその正当な利益権を行使するにあたり、ユーザーのプライバシーや基本的権利を覆すことはありません。
当社のパートナーとのデータ共有方法

当社では、ユーザーに広告を配信する目的で、下記のパートナーとそのユーザーのデータを共有する場合があります:

  1. バイヤー 前述の通り、当社はパブリッシャーと広告スペースのバイヤーをリンクさせます。この場合のバイヤーには、デマンドサイドパートナー(その他の仲介者)や広告パートナー(広告主や広告代理店)が含まれます。当社では、ユーザーの関心事に関連があると思われる広告を調達する目的で、ユーザーのデータをバイヤーと共有します。バイヤーは、サービス提供のために自社の顧客やパートナーとユーザーの情報を共有する場合があります。各バイヤーは、自社のプライバシー方針に沿ってデータにアクセスを処理します。バイヤーによるユーザーのデータ処理方法については、当該バイヤーの方針をご確認ください。
  2. アイデンティティーパートナー ユーザーのデータは、当社のアイデンティティーパートナーによりアクセスされる場合があります。これらのパートナーは、広範に集計されたオーディエンス・セグメントにおけるユーザーの関心事に基づき、ユーザーにより関連性の高い広告を表示します。アイデンティティーパートナーは、自社のサービスを提供する目的でデータを収集します。
  3. 品質ベンダー 当社では、当社のプラットフォームサービスの信頼性維持のため、第三者ベンダーに対し、ユーザーのデータを送信する場合があります。それには、悪意のあるソフトウェア(ウイルス、トロイの木馬等)や人間によらないトラフィック(ロボット等)が、ユーザーの閲覧するウェブサイトに読み込まれるのを防ぐ手段が含まれます。
  4. 4. 法的理由当社では、法的義務の遵守のため、あるいは開示が法律によって求められていると当社が誠実に判断する場合に、ユーザーのデータの開示が求められる場合があります。

当社がユーザーのデータを保護する方法:当社がユーザーのデータを他社と共有する場合、当該企業が受けとった情報は受信者により管理されることとなります。取り扱いは当該企業のプライバシー慣行によります。Index Exchangeでは、ユーザーのデータがサードパーティーへ送信される際に保護するため、バイヤーに対し次の契約上の要件を課します:(1) データ保護関連の適用法の遵守。および、(ii) ユーザーのデータが共有される場合にその継続的な保護を確保するため、ユーザー指向のプライバシー慣行の導入。これらの企業は、各々ユーザーのデータへのアクセス方法を管轄する方針を有します。それらの慣行は、本方針に記される情報とは異なっている場合があります。訪問するウェブサイトや使用するアプリのプライバシー方針を確認し、各社のプライバシー慣行を熟知することをお勧めします。

国際データ転送

Index Exchangeはグローバル企業です。プラットフォームサービスを提供するため、当社ではユーザーのデータを当社やバイヤーのデータセンター所在地に向けて国際的に転送する場合があります。当社では、下記に説明するとおり、国際転送を実施する際はユーザーのデータのセキュリティーと機密性を尊重します:

A. 欧州データ保護法

当社では、ユーザーのデータの国際転送が、EU一般データ保護規則(GDPR)を含む関連する地域の法律を遵守していることを確認します。具体的に欧州経済領域(EEA)について、当社ではデータをEEA圏内からイギリス(英国)、スイス、その他の国に転送する際は、欧州データ保護法令の規定に従って適切な法的保護手段を確保します。それらの保護手段には、データの暗号化等の技術的手段の他、欧州委員会により承認された標準的契約条項(SCC)等の法的機構が含まれます。SCCはユーザーのデータをEEAからその他の国へ国際転送する際の保護を標準化するものであり、ユーザーが欧州データ保護法に総形でデータ保護の権利を享受できることを保証しています。本方針と前述の転送メカニズムの諸条件の間に矛盾がある場合は、転送メカニズムの諸条件が優先されるものとします。

B. プライバシーシールド

プライバシーシールドの枠組み(EU-米国間およびスイス米国間)とは、欧州からアメリカ合衆国(米国)に向けたデータ転送に適用される法的メカニズムです。2020716日、欧州司法裁判所はEU-米国間のプライバシーシールドの枠組みを無効とする判決を下しました。Index Exchangeでは、以前プライバシーシールドが網羅していたデータの国際転送について、その他の転送メカニズムに依存しています(詳細は、上記A号を参照)。しかし、プライバシーシールドの枠組みは、依然としてユーザーに対しプライバシー保護を提供します。そのことを念頭に、Index Exchangeでは米商務省に対し、当社がプライバシーシールドの枠組み方針を遵守しており、EEA、英国、スイスの個人に関し、米国に転送されるデータが関係するプログラムによる当社の義務を遂行することを継続的に説明しています。プライバシーシールドに関する(Index Exchange等参加企業のリストを含む)詳細情報は、こちらをご覧ください。プライバシーシールドにより転送されるデータに関し、本方針の諸条件とプライバシーシールドの原則の間に矛盾がある場合、プライバシーシールドの原則が優先されます。

プライバシーシールドに関する苦情や懸念に関しては、Index Exchangeでは苦情や懸念を受けとってから45日以内に調査を実施し、解決を目指します。当社が十分に、あるいは時宜に適った仕方で対応していない未解決のプライバシーシールド関連の苦情や懸念がある場合、ユーザーは米国所在の第三者紛争解決機関である国際紛争解決センター/米国仲裁協会(ICDR/AAA)に通報することができます(無料)。ICDR/AAAに関する詳細情報または苦情申し立ては、こちらをご覧ください。特定の状況下では、ユーザーの苦情解決のため拘束力のある仲裁を選択することも可能です。プライバシーシールドの拘束力のある仲裁スキームについて詳しくは、こちらをご覧ください。

米カリフォルニア州居住者

カリフォルニア州消費者プライバシー法(CCPA)は、カリフォルニア州の居住者から収集された個人情報に関し、その収集、利用、開示に適用されます。CCPAにより、当社はカリフォルニア州の消費者に対し、下記の事柄を開示することが求められています:

  1. 収集された個人情報の分類
  2. 収集された個人情報の特定部 分
  3. 当社が個人情報を収集した情報源の分類
  4. 当社が個人情報を利用する目的
  5. 当社が個人情報を共有する第三者の分類
  6. 当社が第三者に対して「販売」もしくは開示する情報の分類
  7. ユーザーが自身の個人情報のアクセス、削除、販売のオプトアウトを行う方法に関する情報。

当社には、ユーザーからの申し込みから遡って12か月間における係る情報を提供する義務があります。当社では、前述の開示情報を本方針で提供しています。ご質問がありましたら、お気軽に当社までお問い合わせください

データセキュリティー

ユーザーのデータのセキュリティー、整合性、機密性は、当社にとって非常に重要な事柄です。当社では、ユーザーの情報を不正なアクセス、開示、利用、変更から保護するため、技術的、管理上の、また物理的なセキュリティー手段を導入します。そのような手段は次のものを含みますが、それに限定されるものではありません:(a) 暗号化、(b) 技術的、また当社の物理的データ所在地おけるユーザーデータへのアクセス制限、および (c) データの安全な取り扱いに関する従業員研修など社内における情報セキュリティー慣行。ユーザーの情報保護を確保するため、当社では定期的にセキュリティー手順の見直しを実施しています。当社の最善努力に関わらず、完全かつ侵入不可能なセキュリティー手段は存在しないことはご了承ください。当社との情報交換でセキュリティー上安全でないと思われる件がございましたら、下記のお問い合わせの箇所に沿ってすぐにご連絡ください。

データ保持

当社では、プラットフォームサービスの提供に必要な期間中、あるいはその他法律によって要求・許可されるところに従って、ユーザーのデータを保持します。当社の最大保持期間は13か月とし、その後データは集計することで個人属性を排除します。それら集計データセットは個人を追跡できるものではありません。

ユーザーのプライバシー権

ユーザーのプライバシー権の行使方法については、下記の説明をご覧ください。

  1. データのアクセスと消去

    1. ユーザーに関し当社が保持している可能性のあるデータについては、ユーザー権申請フォームを使用してアクセスや消去を行なうことができます。
  2. データポータビリティー

    1. ユーザーが情報へのアクセスを申請する場合、Index ExchangeではPDF文書の形でデータを提供します。
  3. ユーザーのデータ修正

    1. ユーザーには、自身のデータを修正する権利があります。ただし、そのような修正は当社の実用限界に依存することをご了承ください。当社がアクセスするデータはテクニカル識別子の形式であり、それを変更することは不可能であったり、実際的でなかったりする場合があります。ご自身について当社が有するデータが間違っており、修正をご希望の場合は、privacy@indexexchange.com からお問い合わせください。
  4. アクセスへの異議

    1. パブリッシャーのデジタル資産で表示される広告は、ユーザーの関心事に沿ってカスタマイズされる場合があります。Index Exchangeでは、「関心ベースの」あるいは「パーソナライズされた」広告をオプトアウト(「停止」または「異議申し立て」)する選択肢を提供しています。それにより、ユーザーは個人的な関心事に基づく広告を受けとることがなくなります。パーソナライズされた広告をオプトアウトすることで、オンライン広告の表示がなくなるわけではないことにご注意ください。停止するのは、ユーザーの個人的な関心事に基づきカスタマイズされた広告の表示のみです。
    2. ウェブブラウザによるオプトアウトのオプション
      1. パーソナライズされた広告のためのデータアクセスをオプトアウトするには、Network Advertising Initiativeのオプトアウトページをご覧ください。
      2. オプトアウトを選択した場合、ご利用のウェブブラウザにはクッキーが保存され、Index Exchangeに対しオプトアウト設定のシグナルが発信がされることをご了承ください。ご利用のブラウザがサードパーティークッキーをブロックするよう設定されている場合、オプトアウトのためのクッキーが作動しない場合があります。ブラウザのクッキーを削除すると、もう一度オプトアウトを実行する必要があります。オプトアウトは設定を行った特定のブラウザにのみ適用されるため、すべてのブラウザでアクセスのオプトアウトを実施する必要があります。
    3. モバイルデバイスによるオプトアウト
      1. ご使用のモバイルデバイスでパーソナライズされた広告へのアクセスをオプトアウトする方法については、下記の情報をご覧ください
        1. オプション1aboutadsを開いてDigital Advertising AllianceAppChoicesモバイルアプリをダウンロードし、AppChoicesモバイルアプリが提供する説明に従います。
      2. オプション2:モバイルデバイス上で、広告設定を変更します
        1. iOSの場合 – [設定] > [プライバシー] > [広告] > [追跡型広告を制限] の順に操作します。
        2. Androidの場合 – [設定] > [Google] > [広告] > [広告のカスタマイズをオプトアウトする] の順に操作します。
      3. モバイルデバイスによるオプトアウトに関して詳しくは、こちらをご覧ください。
    4. テレビおよびデジタル動画番組によるオプトアウト
      1. デジタル動画番組デバイス(スマートTVやスマートTV上のアプリ等)では、ユーザーのデータ広告目的利用をオプトアウトする機能がある場合があります。ご利用のデバイスにこれらのオプションがあるかどうかについては、デバイスの設定メニューをご覧ください。各種コネクテッドデバイスによる消費者選択メカニズムに関し、下記のガイダンスをご覧ください。
    5. カリフォルニア州:「Do Not Sell My Personal Information」:
      1. 個人情報の販売に関するオプトアウトを申請するには、このリンクを開いてください。
  5. 苦情を申し立てる権利 – 欧州

Index Exchangeでは、欧州のプライバシー関連法令における当社の義務を遵守するとともに、ユーザーの権利の保護と尊重を確保するために万全を期しております。当社のデータ処理に関する質問や苦情は、当社まで直接お問い合わせになるか、当社のデータ保護責任者(DPO)を通してご連絡ください。

当社がデータにアクセスする方法に異議のある場合、ユーザーには居住地のデータ保護監督機関に対して苦情を申し立てる権利があります。監督機関の連絡先は、下記をご覧ください:

  1.  EUデータ保護機関
  2.   スイスデータ保護機関
  3. 英国情報コミッショナー事務局
法人プライバシー方針

本第10項の情報は、当社の企業間関係(すなわち、ユーザーが顧客か企業であり、Index Exchangeとビジネス関係にある場合)においてIndex Exchangeが情報にアクセスする方法について説明するものです。つまり、本項はユーザーが事業者としての立場で当社とやり取りを行う場合にのみ適用されます。

ユーザーによるビジネス関係の活動には、次のものが含まれます:(a) Index Exchangeのクライアントユーザーインターフェースでの会員登録、(b) Index Exchangeのクライアントユーザーインターフェースの利用、(c) Index Exchange主催のイベントへの出席、(d) Index Exchangeに対して情報提供が必要となるビジネス関係への参加(例:当社とのビジネス関係の交渉や当社の企業アンケートへの回答等)。これらを、ユーザーの情報収集のための商業的理由と総称します。またIndex Exchangeでは、ユーザーが就職のために履歴書を送付した場合、職歴や学歴を収集する場合があります(求人目的)。

  1. 当社が収集する情報の種類

    1.  Index Exchangeではユーザーとのビジネス関係の中で、ユーザーの氏名、郵送先/請求先住所、電子メールアドレス、会社名、肩書き、部署/職位、その他の連絡先データ(ユーザーの識別データ)を収集する場合があります。
  2. 識別データの利用目的と法的根拠

    1. Index Exchangeがユーザーとのビジネス関係の中でユーザーの識別データにアクセスする場合、その目的と法的根拠を下記に列挙します。
      1. 契約上または契約前の関係管理:Index Exchangeでは、顧客サービスの提供、営業に関連したお問い合わせや技術サポートのご依頼への対応、また請求目的により、ユーザーの識別データを利用します。当社では、社内で識別データをユーザーインターフェースやユーザーに提供するサービスの改善等のため、分析目的で利用する場合があります。また、当社ではユーザーの履歴書の評価や求人プロセス管理のため、ユーザーの識別データを利用する場合があります。
      2.  正当な利益:該当する場合、当社ではマーケティングや販促目的の通信(これは求人目的以外のものを指します)をユーザーに送信するため、社内サービスの評定と改善のため、またユーザーとの関係構築のため、識別データを利用する場合があります。
      3.  同意:Index Exchangeとのビジネス関係に入ることで、ユーザーはその識別データの上記の目的および求人目的での利用に同意したこととなりますのでご了承ください。
  3. 識別データの転送

    1. Index Exchangeではいかなる状況においても、ユーザーの識別データを第三者に対して、販売、供給、分配、その他の方法で利用可能にすることはありません。当社では、法的要件の遵守のため、あるいは開示が法律によって求められていると当社が誠実に判断する場合に、ユーザーの識別データの開示が求められる場合があります。
    2.  当社では、世界各地に所在する当社のデータセンターに対し、ユーザーの識別データを国際転送する場合があります。国際転送が発生する場合、係る地域の法律を遵守します。識別データをEEA外に転送する場合、欧州データ保護法令に基づく適切な法的保護が適用されていることを確認します。それらの保護手段には、データの暗号化等の技術的手段の他、欧州委員会により承認された標準的契約条項等の法的メカニズムが含まれる場合があります。
  4. ユーザーのプライバシー権

    1. ユーザーは、自身の識別データをアクセス、修正、消去、限定、またその処理に異議を唱える権利を留保するものとします。ユーザーには、いつでもIndex Exchangeに付与した同意を取り消したり、該当するデータ保護機関に対して苦情を申し立てる権利があります。

      2.     さらなる詳細情報や権利の行使に関しては、privacy@indexexchange.com または次の住所にてご連絡ください:Index Exchange c/o Privacy 74 Wingold Avenue, Toronto, Ontario M6B1P5 Canada。また、当社の DPOgdpr@legalarmy.net)にお問い合わせいただくことも可能です。

  5. データ保持

    1. Index Exchangeは、本方針で説明されている意図された目的の実行に必要な期間に限り、情報を保持します。係る経路を通しユーザーにより提供された識別データは、当社とユーザーとのビジネス関係の管理に必要がなくなった時点で削除されます。保持する識別データは当社の法的義務に沿うものであり、当社に法的義務が存在する場合に限り、関連する政府当局からの要求に基づき共有されます
  6. データセキュリティー

    1. 当社では、ユーザーの情報を不正なアクセス、開示、利用、変更から保護するため、技術的、管理上の、また物理的なセキュリティー手段を導入します。ユーザーの情報保護を確保するため、当社では定期的にセキュリティー手順の見直しを実施しています。当社の最善努力に関わらず、完全かつ侵入不可能なセキュリティー手段は存在しないことはご了承ください。当社との情報交換でセキュリティー上安全でないと思われる件がございましたら、すぐに下記のお問い合わせの箇所に沿ってご連絡ください。
  7. その他

    1. 本方針のその他すべての項目もユーザーのデータ処理に提供されますので、ご注意ください(一例として、下記のウェブサイトとクッキーに関する通知は、ユーザーが当社のウェブサイトのうち一つを訪問した際にも適用されます)。
ウェブサイトとクッキーに関する通知

このウェブサイトとクッキーに関する通知は、Index Exchangeがクッキーを利用する目的について説明するものです。クッキーとは、小さな情報を保存するテキストファイルです。ユーザーのブラウザにウェブサイトが読み込まれると、デバイスにクッキーが保存されます。当社のウェブサイトでは、クッキーはウェブサイトが正常に機能するようにします。当社のプラットフォームでは、クッキーは当社の顧客がユーザーに対してパーソナライズされた広告を配信する助けとなります。

明確化のため、本方針ではIndex Exchangeにおけるクッキーの使用を2つに分類します:

  1. ウェブサイトのクッキーindexchange.comその他当社のすべての国際ウェブサイト上)
  2.  プラットフォームサービスのクッキー

下記の情報は、Index Exchangeがユーザーとのやり取りにおいてクッキーを利用する方法を説明するものです。

  1. ウェブサイトのクッキー
    1.  当社ウェブサイト上のクッキー利用:
      1. 当社ウェブサイトでは、ファーストパーティーとサードパーティーのクッキーを利用します。ファーストパーティーは当社に帰属するもので、ウェブサイトの機能(正確なページ読み込み等)に必要なものです。サードパーティークッキーはウェブサイトサービスプロバイダー(Googleアナリティクス、WordPress等)に帰属するもので、当社がウェブサイトのパフォーマンスを理解するのに役立つものです。当社のウェブサイトでは、ユーザーの情報を収集することはありません。
    2. 当社ウェブサイトで利用するクッキーの種類は下記の通りです
      1. 必須:当社サイトにおける十分な体験を提供するのに不可欠なクッキー(例:当社ウェブページ上のリンクの正常な動作を確保するため)。
      2. 統計:当社ウェブサイトのパフォーマンスと改善点を分析するクッキー。
      3. 機能:動画コンテンツの埋め込み等、ウェブサイトの機能を支援するクッキー。
      4. 設定:ユーザーが将来より良好で効率的な体験ができるよう、当社がユーザーのお気に入りやブラウザの設定を保存するためのクッキー。
    3.  当社ウェブサイトで有効となっているクッキーのリストは、こちらからご覧ください。
    4. サードパーティークッキーの運用につきましては、当社が責任を負うものではございませんのでご了承ください。サードパーティーによるデータの収集、利用、共有に関する慣習は、当該企業のプライバシー方針の管轄となり、本方針に記載されるものとは異なります。
  2. INDEX EXCHANGEプラットフォーム

前述の通り、Index Exchangeプラットフォームとは、当社の顧客がユーザーに対し広告を提供することを支援する当社技術を指します。プラットフォームでは、広告配信の実行のため下記のファーストパーティークッキーを利用します。クッキーはウェブサイトに限定されるものですので、ご注意ください。ユーザーが利用するモバイルアプリやデジタル動画番組には適用されません。

広告配信クッキー 目的 Duration of Processing
(the amount of time the cookie remains on your browser)
CMID ユーザーのブラウザとIndex Exchange社内のユーザーファイルをリンクする一意のクッキー識別子。 1年(ユーザーがパブリッシャーのデジタル資産を訪問するごとに更新)
CMO ユーザーがオンライン行動ベースの広告オプトアウトツールによりオプトアウトを実行した場合(前述のNAIオプトアウト等)、当社にシグナルを送信する。 5
CMPS 負荷分散とユーザーのウェブページに対する迅速な対応のため、プロファイルサーバーを特定する。 90日(ユーザーがパブリッシャーのデジタル資産を訪問するごとに更新)
CMPRO 負荷分散とユーザーのウェブページに対する迅速な対応のため、プロファイルサーバーを特定する。 90
CMTEST 当社によるクッキー作成の可否を確認する。 1時間
CMTS 負荷分散と迅速な対応のため、バックアップサーバーを特定する。 90
CMRUM3 ユーザーIDとバイヤーをマッチさせるマッピングテーブルを含む。 1
CMDD ウェブ資産上で利用された固有ページ数を測定する。 1
CMGO 負荷分散と迅速な対応のため、プライマリーサーバーを特定する。 ユーザーがブラウザを閉じた際に終了

 

クッキーの設定を管理するには、どうすれば良いですか?

サイトの閲覧の際に設定を変更するには、画面上で[プライバシー&クッキー方針]タブをクリックしてください。同意に関する通知が再度表示され、設定の変更や同意の完全撤回を実行することができます。

さらに、各種ブラウザにはそれぞれ、ウェブサイトが利用するクッキーをブロックし削除する機能があります。ブラウザの設定を変更すると、クッキーのブロックや削除ができます。クッキーの管理や削除の方法について詳しくは、www.allaboutcookies.org をご覧ください。詳しくは、お問い合わせください。

自主規制の取り組み

Index Exchangeでは、デジタル広告業界における自主規制の取り組みを支援しています。Index Exchangeは、Network Advertising InitiativeNAI)、Digital Advertising AllianceDAA)、Interactive Advertising BureauIAB)などの業界団体やイニシャティブに参加しています。これらの団体やイニシャティブはすべて、ユーザーのデータの倫理的処理のための業界基準確立を支援するものです。Index Exchangeは、IAB透明性と同意の枠組みTCF)に参画し、その規格を遵守しています。

本方針への変更

当社では、新たなテクノロジー、業界慣行、規制要件、その他の目的により、本方針を変更する場合があります。本方針冒頭に記載されている日付が、最終更新日を示しています。当社が本方針に重要な変更を加える場合は、本方針の改訂版を当社ウェブサイトに掲載するほか、適用されるデータ保護関連法の要件に従って、追加手段によりユーザーに通知を行う場合があります。

お問い合わせ
  1. INDEX EXCHANGEへのご質問

    1. 当社にご質問がございましたら、privacy@indexexchange.com まで電子メールにて、あるいは下記住所までお問い合わせください:
      • Attn: Index Exchange c/o Privacy
      • 74 Wingold Avenue, Toronto, Ontario
      • M6B1P5 Canada
    1. データ保護責任者
      • また、当社の DPOgdpr@legalarmy.net か下記住所にて)にお問い合わせいただくことも可能です。
      • Attn: Index Exchange Data Protection Officer
      • Legal Army, S.L., B88103700
      • María de Molina, 60 4th, Madrid, Spain, 28006


リクエストフォーム

当社では、皆さまからのリクエストに即時に対応するため、reCAPTCHAを使用します。reCAPTCHAが正しく作動していない場合、またはマニュアルでリクエストを送信されたい場合は、こちらをクリックしてください。