Mobile phone showing a rocket and an arrow representing programmatic ad trends

最も変化の速い年:2023年に注目すべきプログラマティック広告トレンド

年末を迎え、広告業界がさらされている逆風を実感しています。個人消費の落ち込み、物価上昇、そして、景気後退が近づいています。  この状況を乗り越えるには、マーケターは迅速に対応する必要があります。 eMarketerの調査(英語)によると、景気見通しに基づき、アメリカのマーケティングリーダーの50%が、今後6か月以内にマーケティング費の投資先を変更する予定を立てています。デジタル広告業界として、このような目まぐるしい環境変化に即応できる機敏性を求められる経験がありません。  困難は、チャンスと共に到来します。MAGNAは、2023年広告費予測(英語)を下方修正しましたが、デジタル広告費に関しては10.5%増えると予測しています。これは、コネクテッドTV(CTV)によるところが大きく、新規参入と広告付きストリーミング市場の活況により、2023年には33%の成長が見込まれています。  Index Exchangeでは、貴社の計画作りをサポートするため、2023年の重要なプログラマティック広告トレンドおよび予測をお届けします。  不透明な経済環境下で効率性を優先 来年、プログラマティック広告の動向で最も重要なのは、マーケターが、リソースを最大化させるために独自の方法を見つけ出す事です。厳しい予算の下、マーケターは、 効率性を重視し、測定可能なパフォーマンスを基にしたメディアへの投資を優先します。   来年は、より少ない予算でより多くのことを行うことが重要です。 メディア・バイヤーは、パフォーマンスを重視し、チャネルをまたいだ戦略を磨き、予算を最大限に活用しながら消費者とコミュニケーションする最善のチャネルにフォーカスする戦略を強化します。  マーケターは、動画やコネクテッドTV(CTV)、特にプログラマティック広告に更に投資し続けますが、投資の増額に対してより厳しい目を向けるようになります。 エバン・クラウス(Evan Krauss)事業開発SVP  Index Exchange  コネクテッドTV(CTV)の自動化の価値を見出す コネクテッドTV(CTV)視聴者層(英語)は、全てのデモグラフィックにおいて急増しました。  アメリカの家庭の84%近く(英語)がCTVを利用しています。CTVは、未だ初期段階にあり、広告費が視聴率より遅れている事は忘れてはならない重要なポイントです。  最適化なCTVバイイングや消費者にとっての視聴体験を提供するための技術発展の必要性がある一方、2023年には広告ポッド(英語)、シグナル伝達、スタンダードの確立といった既存の課題解決が実現し、広告費用のシフトが加速していきます。  …

続きを読む
Person, Human, LCD Screen

Ads.txtやApp-ads.txでコネクテッドTVにさらなる透明性を

過去数年間で、プログラマティック業界はIAB Tech Labの認証済デジタルセラー(英語ページ)(ads.txtやapp-ads.tx)基準を受け入れ、サプライチェーンの透明性を高めています。ドメインのなりすまし防止、ウェブやモバイルアプリ上で認証されていないインベントリの再販の禁止を行ってきました。これらの手法により、マーケターは安心して認証された販売チャネルから広告を買うことができます。また、メディア企業は、インベントリの価値を損なうこともありません。  コネクテッドTV(CTV)広告マーケット(英語ページ)は、2024年までに$295億に達すると見込まれています。今こそ、コネクテッドTVのサプライにも透明性を取り入れる時です。複雑で断面的なコネクテッドTVサプライチェーンに透明性を取り入れることで、メディアバイヤーは新たなマーケットの参入者と信頼関係を築きながら安全に取引を行えます。  当社のエクスチェンジの品質への揺るぎない決意の一環として、Index Exchange認証がウェブやモバイルアプリ、コネクテッドTVのインベントリに正しく実装された場合のみ販売するという方針に変更いたしました。更に、現在は、コネクテッドTVでは一般的な、インベントリ共有契約を明確に公表するためにIAB Tech LabのコネクテッドTVのためのads.txtとapp-ads.txt方針を、コネクテッドTVやプラットフォームに導入するように義務づけています。  このような変更により、コネクテッドTVの透明性を推進させ、メディア企業がこれらの基準に対応できるというDSPの高まる期待を満たせるようにサポートします。コネクテッドTVのads.txtとapp-ads.txtの最新バージョンの導入と実装に必要なことを見ていきましょう。  コネクテッドTVでads.txtとapp-ads.txtの重要性が高まっている理由  メディア企業は、ads.txtの入力がなかったり、間違って実装されたり、バイヤーが未承認のサプライを低く見積もり入札せず、ファイルにアクセスされない度に利益を失います。  これは、ads.txtやapp-ads.txtが既に広く導入されたウェブやモバイルアプリ環境で明らかになってきました。DSPがads.txtやapp-ads.txtを介して認証されたセラーのみからサプライを購入するという方針に変更したため、当社のプラットフォーム上で認証されたサプライは、未認証サプライのインプレッション収益(RPM)の6倍で取り引きが行われ、モバイルアプリ上では5倍で取り引きされているのを確認しました。  この効果は、コネクテッドTVでも定着しつつあります。マーケターはより多くの予算をCTVに投じ、 DSP はウェブやモバイルアプリに似たような方針を取り入れ始めています。当社では、コネクテッドTVの認証サプライは、同様の未認証サプライのRPMの2倍以上となっています。  コネクテッドTVに、このような方針を導入させる動きは、メディア企業がインベントリの価値を最大限に引き出すため、重要性が高まっています。一方で、コネクテッドTVの基礎的な商用やテクノロジーの枠組みが、メディア企業がインベントリを提供するサプライパスを複雑にしています。元来の ads.txtやapp-ads.txt は、コネクテッドTV特有である広告販売権利者が複数存在する点に対応できていなかったため、導入が遅れています。  このような複雑さに対応するため、IAB Tech …

続きを読む
remote control pointing at a screen

OpenRTB 2.6の注目すべき10の機能

IAB Tech Labは、この春、OpenRTB 2.6を公開しました。これは、コネクテッドTV(CTV)のインベントリ取引方法を改善するために設計された、OpenRTBプロトコルの注目すべき更新版です。 IAB Tech Labは、Index Exchangeやその他業界をリードするいくつかの企業と共に、今日よく見られるCTVの課題を解決する業界標準を策定するために、1年余りを費やしました。その結果がOpenRTB 2.6であり、デジタル広告にとって大きな前進となりました。この仕様は、プログラマティック環境におけるテレビの複雑性を考慮したものであり、CTVの拡張において重要な役割を果たすことでしょう。 私たちは、すべてのメディアオーナー、バイヤー、テクノロジープロバイダーがOpenRTB 2.6を利用することをお勧めします。ここでは、最もエキサイティングな10の新機能を紹介します。 1. 広告ポッド(ad pod)のサポート 長年、私たちの業界では、CTVやその他のオーバー・ザ・トップ(OTT)ビデオにおける広告ポッド型在庫の有無や分量を示すための、標準的なアプローチが欠けていました。広告ポッドは、次々と流れる複数の広告のグループで、従来のリニアテレビのアドブレイクに似ており、CTVでよく使用されています。しかし、テレビのアドブレイクの体験をCTVで再現する明確で簡単な方法はないことから、CTVとリニアテレビを別のものとして扱いつつ、広告ポッド内での重複を避けることが必要でした。 OpenRTB 2.6では、バイヤーが広告ポッド内の様々なポジションに対し、入札レスポンスをターゲットできるようになっており、メディアオーナーが秒単位のCPM入札フロアが設定できる機能が導入されています(静的なフロアではなく)。 メディアオーナーやバイヤーは、消費者が慣れ親しんだテレビ広告の体験をさらによく再現できるとともに、プログラマティックだからこそ提供できるターゲティングや、メジャメントの恩恵を受けることができます。 2. 柔軟な広告ポッド導入手引き …

続きを読む
Jeff and Andrew fireside chat on the future of programmatic in an omnichannel world

プログラマティック広告の未来を乗り切るには

プログラマティック広告の未来は間違いなく、近ごろアドテク業界全体で見られた激震とも呼べる変遷によって形作られていくことでしょう。すなわち、プラットフォームの更新、アイデンティティにまつわる絶え間ない戦い、より厳格になる法規制、そして新たなコンテンツ消費の習慣などです。 新たなチャネルやデバイスは、進化を続ける機会をもたらしてくれます。昨年、当社が自社エクスチェンジインフラを完全に再構築した理由はここにあります。当社が今日のオムニチャネル環境のために、イノベーションを実現するためです。世界的に拡大を続ける法規制や急速な変化を遂げるプラットフォーム環境は、引き続き新規企業がこの業界に参入する障壁となっています。さらに、これまでになく一層関心を高めるデジタルコンテンツの消費者たちの存在により、私たちには毎年目まぐるしい進展が求められるようになっています。  これらすべての業界シフトはまた、オープンインターネットの重要性と独立系アドテク企業が市場にもたらす価値を裏付けるものです。Index Exchangeでは、すべての関係者が安心して取引できる環境となる、公正で効率的なマーケットプレイスへの当社の絶え間ない追求が、メディアオーナーとマーケター、そして消費者のメリットとなると考えます。  これらの変遷を乗り切る助けとなる人物に、The Trade Deskの創設者兼CEOであるジェフ・グリーン (Jeff Green ) 氏を置いて他にいるでしょうか。同氏はこの業界において最も先進的なビジョンを持った人物の一人です。同氏とIndex ExchangeのCEOアンドリュー・カサーレ (Andrew Casale)が、オムニチャネル環境がもたら機会をすべて最大限に活用する方法について討議しました。オンラインで開催された座談会「オムニチャネル環境におけるプログラマティックの未来」から、要点をご紹介しましょう。 プログラマティック広告のサプライチェーンにより効率的な規模の実現が必要な時代に  両氏の会話はまず、プログラマティック広告のサプライチェーンに注目することからはじまりました。プラットフォームの未来における主な課題は、規模ではないからです。重要なことは、プログラマティック広告の膨大な規模からもたらされるインサイトを解き放つことにより、サプライチェーンが可能な限り効率的、かつ効果的になることです。そのような概念の一つに、最適価格の策定があります。これは、メディアオーナーとバイヤーの間におけるトランザクションの価値に関し、さらなる透明性を創出することで適切な規模を実現するために重要となります。  価格策定への取り組みの一環として、The Trade Deskでは最近、「Global Placement …

続きを読む