Person, Human, LCD Screen

Ads.txtやApp-ads.txでコネクテッドTVにさらなる透明性を

過去数年間で、プログラマティック業界はIAB Tech Labの認証済デジタルセラー(英語ページ)(ads.txtやapp-ads.tx)基準を受け入れ、サプライチェーンの透明性を高めています。ドメインのなりすまし防止、ウェブやモバイルアプリ上で認証されていないインベントリの再販の禁止を行ってきました。これらの手法により、マーケターは安心して認証された販売チャネルから広告を買うことができます。また、メディア企業は、インベントリの価値を損なうこともありません。  コネクテッドTV(CTV)広告マーケット(英語ページ)は、2024年までに$295億に達すると見込まれています。今こそ、コネクテッドTVのサプライにも透明性を取り入れる時です。複雑で断面的なコネクテッドTVサプライチェーンに透明性を取り入れることで、メディアバイヤーは新たなマーケットの参入者と信頼関係を築きながら安全に取引を行えます。  当社のエクスチェンジの品質への揺るぎない決意の一環として、Index Exchange認証がウェブやモバイルアプリ、コネクテッドTVのインベントリに正しく実装された場合のみ販売するという方針に変更いたしました。更に、現在は、コネクテッドTVでは一般的な、インベントリ共有契約を明確に公表するためにIAB Tech LabのコネクテッドTVのためのads.txtとapp-ads.txt方針を、コネクテッドTVやプラットフォームに導入するように義務づけています。  このような変更により、コネクテッドTVの透明性を推進させ、メディア企業がこれらの基準に対応できるというDSPの高まる期待を満たせるようにサポートします。コネクテッドTVのads.txtとapp-ads.txtの最新バージョンの導入と実装に必要なことを見ていきましょう。  コネクテッドTVでads.txtとapp-ads.txtの重要性が高まっている理由  メディア企業は、ads.txtの入力がなかったり、間違って実装されたり、バイヤーが未承認のサプライを低く見積もり入札せず、ファイルにアクセスされない度に利益を失います。  これは、ads.txtやapp-ads.txtが既に広く導入されたウェブやモバイルアプリ環境で明らかになってきました。DSPがads.txtやapp-ads.txtを介して認証されたセラーのみからサプライを購入するという方針に変更したため、当社のプラットフォーム上で認証されたサプライは、未認証サプライのインプレッション収益(RPM)の6倍で取り引きが行われ、モバイルアプリ上では5倍で取り引きされているのを確認しました。  この効果は、コネクテッドTVでも定着しつつあります。マーケターはより多くの予算をCTVに投じ、 DSP はウェブやモバイルアプリに似たような方針を取り入れ始めています。当社では、コネクテッドTVの認証サプライは、同様の未認証サプライのRPMの2倍以上となっています。  コネクテッドTVに、このような方針を導入させる動きは、メディア企業がインベントリの価値を最大限に引き出すため、重要性が高まっています。一方で、コネクテッドTVの基礎的な商用やテクノロジーの枠組みが、メディア企業がインベントリを提供するサプライパスを複雑にしています。元来の ads.txtやapp-ads.txt は、コネクテッドTV特有である広告販売権利者が複数存在する点に対応できていなかったため、導入が遅れています。  このような複雑さに対応するため、IAB Tech …

続きを読む
remote control pointing at a screen

OpenRTB 2.6の注目すべき10の機能

IAB Tech Labは、この春、OpenRTB 2.6を公開しました。これは、コネクテッドTV(CTV)のインベントリ取引方法を改善するために設計された、OpenRTBプロトコルの注目すべき更新版です。 IAB Tech Labは、Index Exchangeやその他業界をリードするいくつかの企業と共に、今日よく見られるCTVの課題を解決する業界標準を策定するために、1年余りを費やしました。その結果がOpenRTB 2.6であり、デジタル広告にとって大きな前進となりました。この仕様は、プログラマティック環境におけるテレビの複雑性を考慮したものであり、CTVの拡張において重要な役割を果たすことでしょう。 私たちは、すべてのメディアオーナー、バイヤー、テクノロジープロバイダーがOpenRTB 2.6を利用することをお勧めします。ここでは、最もエキサイティングな10の新機能を紹介します。 1. 広告ポッド(ad pod)のサポート 長年、私たちの業界では、CTVやその他のオーバー・ザ・トップ(OTT)ビデオにおける広告ポッド型在庫の有無や分量を示すための、標準的なアプローチが欠けていました。広告ポッドは、次々と流れる複数の広告のグループで、従来のリニアテレビのアドブレイクに似ており、CTVでよく使用されています。しかし、テレビのアドブレイクの体験をCTVで再現する明確で簡単な方法はないことから、CTVとリニアテレビを別のものとして扱いつつ、広告ポッド内での重複を避けることが必要でした。 OpenRTB 2.6では、バイヤーが広告ポッド内の様々なポジションに対し、入札レスポンスをターゲットできるようになっており、メディアオーナーが秒単位のCPM入札フロアが設定できる機能が導入されています(静的なフロアではなく)。 メディアオーナーやバイヤーは、消費者が慣れ親しんだテレビ広告の体験をさらによく再現できるとともに、プログラマティックだからこそ提供できるターゲティングや、メジャメントの恩恵を受けることができます。 2. 柔軟な広告ポッド導入手引き …

続きを読む