モバイル端末を持って座る5人

プライバシー重視のアドレッサビリティ戦略を準備する3つの方法

プライバシー重視の時代が到来することは確実で、消費者の信頼を維持するためデジタル広告業界全体で適切な対策を取っています。近年は、プライバシー規制に大きな変更が加えられたり、識別子の使用を制限するようにプラットフォームが更新されたりしています。  今後も規制は厳しくなる一方です。その一方で、GoogleはChromeのサードパーティパーティクッキーの廃止を2024年まで延期しました(Safari、Firefox、Edgeでは既に制限されています)。また、Appleは広告識別子「IDFA」の利用に消費者の同意が必要になると変更し、GoogleはAndroid広告IDを制限し、Android向けのプライバシーサンドボックス導入を計画しています。 このような変更は、広範囲に影響を及ぼし、デジタル広告の根本を大きく変更する必要があります。  …

続きを読む
スマートフォンのモバイルアプリを使う

Open Measurement Impression Countingがモバイル広告の透明性と精度を実現

今月より、IAB Tech LabのOpen Measurement SDK(OM SDK)を通して、モバイルアプリのインビュー広告から成る、より正確で信頼性の高いインプレッションカウントを導入しています。これにより、マーケターはビューアビリティ測定を強化し、モバイルキャンペーンのコストを、希望するオーディエンスに実際に見てもらえる広告に費やすことができるようになります。

続きを読む
Hands typing on pc keyboard

価格発見機能の向上がプログラマティックの成長を加速させる

マーケターがより多くの広告費をデジタルチャネルに投資するようになり、プログラマティック広告費は年々新たな節目に到達し続けています。このような規模は驚くべきことですが、これからのプログラマティック・グロースの焦点は、いかにしてアドレッサブル市場を91%から100%に拡大するかというものではありません。その結果は、きっと必然的なものなのでしょう。 

続きを読む
laptop and smartphone on a white desk

Prebid Mobile 2.0とモバイル広告市場の再開

モバイル広告市場の統合が進み、アプリ開発者は、マネタイズやメディエーションパートナーの選択肢がますます少なくなっています。マネタイズパートナーの多くがゲームやアプリの開発スタジオを買収して統合が進んでいるため、直接的な利益相反が生じる場合があります。  では、アプリ内広告の体験をもっと主体的にコントロールできるマネタイズ・スタックを構築するには、どうすればよいのでしょうか。  当社は、モバイルのエコシステムには、利益相反のない、オープンで透明性の高い、効率的なサプライチェーンが必要だと考えています。最近リリースされたPrebid …

続きを読む
remote control pointing at a screen

OpenRTB 2.6の注目すべき10の機能

IAB Tech Labは、この春、OpenRTB 2.6を公開しました。これは、コネクテッドTV(CTV)のインベントリ取引方法を改善するために設計された、OpenRTBプロトコルの注目すべき更新版です。
IAB Tech Labは、Index Exchangeやその他業界をリードするいくつかの企業と共に、今日よく見られるCTVの課題を解決する業界標準を策定するために、1年余りを費やしました。その結果がOpenRTB 2.6であり、デジタル広告にとって大きな前進となりました。この仕様は、プログラマティック環境におけるテレビの複雑性を考慮したものであり、CTVの拡張において重要な役割を果たすことでしょう。

続きを読む
キーボードの上に置かれたクッキー

Mediavine:LiveRampとIndex Exchangeが、クッキーが制限されたブラウザでCPMの向上を実現

概要 サードパーティークッキーが2023年に(Chromeでの廃止をもって)期限を迎えることが決定している中、現在もウェブ活動のかなりの部分は、Safari、Edge、Firefoxなどのブラウザで発生しています。これらすべては、サードパーティークッキーを識別子として利用することを制限しています。   世界各国の8500社を超えるパブリッシャーのウェブサイトの収益化を行っているMediavineでは、毎月1億5000万人によるウェブサイト閲覧を受け、毎月200億件の広告インプレッションを処理しています。満稿インプレッションの約40%は、クッキーの利用が制限されたブラウザで表示されます。   …

続きを読む
ノートパソコンのキーボード上にある箱

インベントリパッケージでオープンマーケットをキュレーション

オープンマーケットでは、マーケターやメディアオーナーが大きな規模でオーディエンスに到達し、収益化を図ることができます。しかし、その範囲があまりにも広範囲であるため、バイヤーにとっては効率性の面で問題が生じる場合があります。特に、適切なインベントリ(広告掲載面)をターゲットすることが、適切なオーディエンスにリーチすることと同様に重要である場合、問題になりがちです。 例えば、マーケターは、データを利用してスポーツ、ゲーム、エンターテイメントに関心を持つオーディエンスにリーチすることを目指し、関連するサイトやコンテンツを通して、あるいはモバイル、CTV、ウェブに共通の特定のフォーマットによるエンゲージメントを望んでいるとしましょう。その実現には、オープンマーケット上で簡単にサプライをまとめる手段が必要となります。 インベントリパッケージは、まさにそれを可能にするもので、マーケターにとって購買のワークフローをシンプルにしつつ、高品質で関連性の高いインベントリにアクセスできるようにします。 …

続きを読む
タブレットを渡す男性と女性

バイヤー向けボリュームインセンティブ:スケールメリットでサプライパスの効率化

メディアオーナーとバイヤーの双方に価値を還元し、より効率性の高いサプライパスを実現するというIndex Exchangeの長年のコミットメントの一環として、この度バイヤー向けボリュームインセンティブの一般提供開始をお知らせいたします。 ボリュームインセンティブは、Index …

続きを読む
タブレットの画面をタッチする人

テクノロジーの選択肢が広がることで、プログラマティック広告はコンテンツクリエーターにとって、より簡単かつ、収益性の高いものへ

今週、Googleはヘッダー入札のワークフローの簡易化を図った、重要な新機能の導入を発表しました。パブリッシャーはヘッダー入札のパートナーを、数千に上るパブリッシャーが利用するGoogleの広告サーバーと対等に、かつリアルタイムで、簡単に統合することが可能になります。 この機能は長年待ち望まれてきたもので、人によっては5年から10年越しの実現となることでしょう。これにより、他のヘッダー入札ベンダーがGoogle広告エクスチェンジのシームレスな代替手段を提供できるようになり、パブリッシャーは競合を強化するとともに、収益性の向上を見込むことができるようになります。 当社ではこれをGoogleによるポジティブな動きと見ており、市場とGoogleが協力することで競争を後押しし、パブリッシャーが自社の選択によるエクスチェンジや広告サーバーを利用できるようになると期待しています。 …

続きを読む
Headshots of women in advertising

広告業界の女性を力づける:女性リーダーがアドバイスを共有

毎年3月の国際女性デーと女性史月間は、女性による数多くの偉業を称えるとともに、女性のための機会均等の促進のために、私たちに何ができるかを考える機会となります。 Index Exchangeでは、お互いを支援することが大切であると考え、毎日偏見を打破し、女性を力づけるために努力を続けています。当社の取り組みには、リーダーシップ教育やトレーニングの機会、アライシップやダイバーシティーに関する能力開発プログラム、当社のアフィニティグループである「Women …

続きを読む