Monitor, Display, Screen

コネクテッドTV(CTV)広告ポッドの課題 

コネクテッドTV(CTV)は大きく成長し、IAB(英語)によると、今年の広告費は212億ドルに達すると予想されています。それでも、プログラマティックのテクノロジーは、メディア企業、バイヤー、視聴者の期待に応えられる広告ブレークの最適化を実現できていません。

続きを読む
ノートパソコンとスマートフォンを使う女性

JICDAQ認証更新の意義とIndex Exchangeの品質への取り組み

Index Exchangeは、一般社団法人デジタル広告品質認証機構(JICDAQ)による、「無効トラフィック対策」および「ブランドセーフティ」の認証を、2023年3月1日付けで更新しました。このブログでは、JICDAQ認証の意義と当社の取り組みについて解説します。

続きを読む
woman watching CTV advertising

マーケターの管理能力と効率性を高めるコネクテッドTV(CTV)広告 

経済の先行きが不透明な今、各業界のマーケターは知恵を振り絞り、必要な予算や人材を最大限に活用する方法を模索しています。すでに経費削減が実施されている中で、予算にさらに厳しい目が向けられており、マーケティングチームはメディアへの投資に対するROIを証明しなければいけないというプレッシャーがあります。 

続きを読む
People, Person, Woman

多様性のあるインクルーシブな職場にするためIndex Exchangeで実践していること

多様性、平等性、インクルーシブ(DE&I)に基づいた文化を職場に構築することは必要不可欠です。 Index Exchangeでは、多様性のあるインクルーシブな環境が大きな利点をもたらすことを理解しています。ある調査によると、これらが、イノベーション(英語)、収益の成長(英語)、従業員の定着率をもたらすことが分かりました。 

続きを読む
Mobile phone showing a rocket and an arrow representing programmatic ad trends

最も変化の速い年:2023年に注目すべきプログラマティック広告トレンド

年末を迎え、広告業界がさらされている逆風を実感しています。個人消費の落ち込み、物価上昇、そして、景気後退が近づいています。この状況を乗り越えるには、マーケターは迅速に対応する必要があります。 eMarketerの調査(英語)によると、景気見通しに基づき、アメリカのマーケティングリーダーの50%が、今後6か月以内にマーケティング費の投資先を変更する予定を立てています。

続きを読む
ストリーミングTVを見る二人

年末商戦で広告収入を最大化する方法

インフレ懸念が続く中、消費者がどのように行動するかは不透明ですが、今年は引き続き成長が期待できます。eMarketer(英語)の予測では、年末年始の小売業売上は2021年に比べて3.3%増加し、米国では1兆2600億ドルに達する見込みです。IABがブランドと代理店を対象に行った調査(英語)では、現在の経済情勢にもかかわらず、2022年下半期の広告費は7%増加すると予測しています。

続きを読む
Couch, Furniture, Sitting

Liftoffインタビュー:モバイル広告市場における機械学習と透明性の役割

消費者は、モバイルデバイス上で更に時間を費やすようになり、マーケターはモバイル広告市場に更に予算を投資するようになりました。一方、広告が成長する背景で、業界は大きな転換期にあります。 モバイル広告識別子は、姿を消しつつあります。アドレッサビリティや広告効果分析に対して、異なるアプローチが必要です。アプリ開発や収益化の主要な業者間の統合も、モバイルサプライへのアクセスに大きく転換しました。 

続きを読む
テレビ画面に映る人

Ads.txtやApp-ads.txでコネクテッドTVにさらなる透明性を

過去数年間で、プログラマティック業界はIAB Tech Labの認証済デジタルセラー(英語ページ)(ads.txtやapp-ads.tx)基準を受け入れ、サプライチェーンの透明性を高めています。ドメインのなりすまし防止、ウェブやモバイルアプリ上で認証されていないインベントリの再販の禁止を行ってきました。これらの手法により、マーケターは安心して認証された販売チャネルから広告を買うことができます。また、メディア企業は、インベントリの価値を損なうこともありません。

続きを読む
モバイル端末を持って座る5人

プライバシー重視のアドレッサビリティ戦略を準備する3つの方法

プライバシー重視の時代が到来することは確実で、消費者の信頼を維持するためデジタル広告業界全体で適切な対策を取っています。近年は、プライバシー規制に大きな変更が加えられたり、識別子の使用を制限するようにプラットフォームが更新されたりしています。  今後も規制は厳しくなる一方です。その一方で、GoogleはChromeのサードパーティパーティクッキーの廃止を2024年まで延期しました(Safari、Firefox、Edgeでは既に制限されています)。また、Appleは広告識別子「IDFA」の利用に消費者の同意が必要になると変更し、GoogleはAndroid広告IDを制限し、Android向けのプライバシーサンドボックス導入を計画しています。 このような変更は、広範囲に影響を及ぼし、デジタル広告の根本を大きく変更する必要があります。  …

続きを読む
スマートフォンのモバイルアプリを使う

Open Measurement Impression Countingがモバイル広告の透明性と精度を実現

今月より、IAB Tech LabのOpen Measurement SDK(OM SDK)を通して、モバイルアプリのインビュー広告から成る、より正確で信頼性の高いインプレッションカウントを導入しています。これにより、マーケターはビューアビリティ測定を強化し、モバイルキャンペーンのコストを、希望するオーディエンスに実際に見てもらえる広告に費やすことができるようになります。

続きを読む